オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

妊娠中のお話 中期編

安定期と呼ばれる中期のお話

妊娠5ヶ月くらいから安定期と呼ばれる妊娠中期になり、

この頃ちょうど日本に一時帰国しました。

 

日本に行く事を決めたのは妊娠発覚前だったので、

凄く運良く!安定期に!

ぶち当たった感じです。

 

やっぱり長時間フライトは身体が辛いので安定期がオススメです。

 

更に飛行機恐怖症の私としては、

余計な心配を増やしたくなかったので…

 

オーストリアからの直行便は無かったものの、

(ちょうどなくなっちゃった時期だったんです)

ミュンヘンから直行便が出てるので、

車で4時間、

エアバスで広々飛行機12時間、

羽田に着いて右往左往した小一時間、

合計17時間の旅でも体調を崩す事なく無事に辿り着きました。

 

(帰りのANA機は座席ぎゅうぎゅうだし、CA走りまくってるしで落ち着かないフライトでした…)

 

 

食欲が出て来たのに…

日本に着いたらやっぱり日本の食事食べたい!

という事で、

初日からラーメン、焼肉、おにぎりなどなど…食べまくります。

 

オーストリアでは妊婦の体重制限なんてありません。

食べたい物を食べたいだけ食べていいんです。

 

つわり?夏バテ?

から解放された私、

更に日本に戻って来た事で食欲がうなぎ登り。

食うわ食うわ…

 

ただし、

食事の制限は無くても、

胎児のために食べない方が良い物というのはありまして。

 

 

まずはもちろんアルコール。

ダメですね。

 

カフェインに関しては、

私は低血圧で頭痛が酷かったので、

むしろある程度採れと言われました。

1日一杯くらいコーヒーを飲んでました。

 

生肉生魚、

トキソプラズマ?かな?

何かに感染すると胎児にも影響を及ぼすという事で食べちゃダメでした。

そう、寿司NG。

何のための日本旅行なのか…

 

野菜や果物を洗わずに食べること、

トキソプラズマです。

オーガニックが逆に怖くなった妊娠期間でした。

 

その他熱処理されていないチーズとか、

生卵とか、

サラミやら生ハムやら…

なんだよ美味しいものばっかりじゃないか!

といった具合でNG食材がありました。

 

まぁ全部火を通せばいいんですけどね。

 

 

番外編としては、

ハイビスカスを筆頭としたハーブティーほとんど、亜麻仁油や種、バジル、パセリ…

流産の危険があるのでダメでした。

 

オーストリアは色々なハーブティーがあるのですが、

ほとんど全てのハーブティーにハイビスカスが混ざっているのです…

ルイボスティーしか飲めなかった記憶があります。

(つわりの時はルイボスティーの匂いもダメだったので水飲んでました。)

 

 

ともあれ、

日本の素敵な生食文化を全く味わう事なく、

B級グルメをひたすら堪能しました。

 

 

だんだんお腹が大きくなってくる

中期にもなるとお腹が大きくなってきます。

 

今までのぴちぴちパンツが入りません。

 

インターネットで、

そろそろ後期に向けて横向きで寝る習慣をつけましょう!

的な事を見て、

更にシムスの体位がおススメ!

的な話を聞き、

更に更に左側を下にして寝ないとダメ!

的な話を見つけたので、

中期から左向きで寝はじめました。

 

…あれ腰が痛い。

 

毎日シムスやら左側を下にして寝ていたので、

中期の終わり頃には左のお尻あたりがバッチリ坐骨神経痛になっていました。

 

くそ!またかインターネット!

踊らされた!

 

ここから坐骨神経痛との戦いが始まるのです。

 

インターネットの情報を鵜呑みにせず、

左側でも右側でも、

苦しくない姿勢で寝る事を強くおススメします。

坐骨神経痛はヤバイです。

痛いです。

お腹が大きくなるにつれて悪化します。

 

 

旅行も食事も楽しめた妊娠中期

ともあれ、

妊娠中期は旅行もお食事も色々楽しめました!

 

この期間に父母教室とか産院見学とか、

長丁場な事はある程度済ませておきました。

 

引っ越しもしたなぁ。

 

ストレスにならない程度にアクティブに、

身体も動かした方がいい妊娠中期だなぁと思いました。

 

 

次回は妊娠後期!

お腹が大きくて大変!

重い!

 

妊娠中のお話 前期編

妊娠中のあれこれ前期編

前回はプチ不妊だったお話をしましたが、

今回は妊娠した後のお話をしたいと思います。

 

たくさん思っていたことがあるので、

前中後期と分けて書きたいと思います。

 

ということで、今回が前期編。

妊娠前期は、

1ヵ月目というのはほぼ無自覚ですが、

2ヵ月~4ヵ月目辺りの期間について書いていきます。

 

私の場合、この妊娠前期がちょうど夏だったんですよね。

オーストリアって案外夏暑いんです。

暑い日だと35度以上。

冷房なんて銀行くらいしかついて無いから結構キツイんです。

 

妊娠初期はやっぱりつわりがあったような気がする

 

つわり、

妊娠を代表するような現象ですね。

私も体験したような気がします。。

 

気がするんです。

そう、

先ほども書いた通り、

このつわりが起きる期間がちょうど真夏だったので、

はっきり言って、

つわりなのか夏バテなのかさっぱりわからないのです。

 

酸っぱい物が食べたい→夏だからさっぱりしたものが食べたい。

食欲がない→夏だから。

気持ち悪い→水分不足。。

などなど…

あまり酷いつわりはなかったので、

夏バテだったのかもしれません。

 

でも、においだけは物凄く敏感になりました。

家と夫以外の臭いが全部無理になり、

義父とかお客様の汗臭い臭いが吐き気をもよおしてもよおして…

のたうち回りました。

 

他にも、

玉ねぎとブロッコリー、黒パンの臭いがダメになり、

基本的に調理中の臭いは全部ダメになったりもしました。

 

でも大体妊娠4ヵ月くらいできれいさっぱりなくなりました。

妊娠4ヵ月は9月だったから…

やっぱり夏バテも合わさってたような気がします 苦笑

 

多分最初に書くべきだった話題

 

つわりは妊娠初期によくある話なので、

そんなに書く必要性がなかったなと書いた後で反省…

 

前回のブログで書いたように、

私はクロミッドを飲んで、排卵を誘発させて妊娠しました。

 

で、排卵痛が思いっきり来たわけです。

なので排卵した日がわかるのです。

 

ついでに基礎体温も毎日みっちり計測していたので、

結構色々把握しまくってたのです。

 

よく色んな人が、

妊娠初期ってどんな感じなのか?

という疑問を抱くようなのですが、

体の感覚は全くと言っていいほど通常と同じでした。(私の場合)

 

どちらかと言うと、

私は個人的に生理前にはポーっとした感じがあるのですが、

それがずっと収まらない感じはありました。

 

まあこれは基礎体温がずっと高いままなので当たり前っちゃ当たり前です。

 

ちないに、この基礎体温の高温期が17日以上続けば妊娠してる可能性がある、

そんな記事をインターネットで見つけたので、

毎日いつ下がっちゃうのかハラハラしながら検温してました。

(怖かったので、21日くらい待って妊娠検査薬を使いました。)

 

 

妊娠の兆候って色々あるようですが、

私の場合は血も出なかったし、

吐き気もなかったし、

眠気も○○痛も食べ物がどうのこうのも何もありませんでした。

 

生理前のぼーっとした感じが数週間続いたくらいです。

 

なので、妊娠したかも?

と思ったら医者に行くことをおすすめします。

 

インターネット上の妊娠兆候チェックリストなんてあてになりません。

 

あまり辛くなかった妊娠前期

 

私の場合は幸い全然辛さが無かった妊娠前期。

(働かずにひたすら寝てましたけど。)

 

これから徐々に色んな問題が発生していくのです。。

 

次回は妊娠中期!

2018年も3か月が過ぎようとしていますが、子供産みました

お久しぶりです。子供産みました。

 

お久しぶりのブログです。

毎回久しぶりですが。

 

2018年3月にうっかりなっちゃったのですが、

先月子供産みましたよ!

 

大変だったし、

現在進行形で大変です!

授乳しながらブログ書くっていう。

 

妊娠から出産に至るまで大変なことの連続でした。

 

誰かの役に立てたらいいなと思うので、

ブログに書き連ねることにしました。

 

今回は、

結婚から2年かけてようやく授かった妊娠編です。

 

まさかの不妊だった。

 

私は2015年に結婚しました。

子供はすぐにでも欲しくて、

今か今かと待ちわびていました。

 

が、待てど暮らせど妊娠しない…!

生理が来るたびにショックを受け、

しまいに毎月泣く始末…

 

さらに生理痛も酷かったので、

オーストリアの婦人科に相談しに行くことに。

 

子宮に何か問題があるんじゃないかと思い、

医者に聞いてみるも、

大丈夫、妊娠すれば生理痛も治るよ

と。

 

…いや妊娠しないんですけど?

 

医者を変えて再チャレンジ。

 

多くを語らない2人目の医者は、

妊娠したいの?

とだけ確認し、

さらっと処方箋をくれました。

 

クロミフェンです。

 

よくわからないまま飲んでたけど、

どうやら排卵してなかったらしく、

そりゃ妊娠しないわ!ですよ。

 

効いてるんだかよくわかんないクロミフェン

 

このクロミフェン、

効果の程が全くよくわからず、

初回では排卵せず、

2回目も排卵してない、

3回目もダメ…

 

もうダメなんじゃないかと泣きじゃくる日々…

 

ダメ元の4回目、

飲んでから数週間後に物凄い腹痛が来て、

その後高温期がずーっと続いて、

つ、ついに妊娠しました!

 

この腹痛は排卵痛だったようで、

多分初めて味わった痛みでした。

どんだけ排卵してなかったんだろう?

 

ともあれ、

嬉しくて嬉しくて、

でも安定するまでは浮かれるのやめようと思い、ひた隠しにしてました。

 

安定しても何か不安で、

産むまでそっとしておこうと心に決めました。

 

なので日本の知り合いはこの事実を最近知りました。

秘密主義ですよ。

 

 

まさか自分が不妊症だとは思いもしなかったので、

もし妊娠を希望してる人は婦人科で検査を受けることをお勧めします。

悩むよりプロに相談した方が早いし、

何より精神的に落ち着きます。

 

 

今回はご懐妊までですが、

妊娠中の色々も書いていきたいと思いますよ。

年の瀬です、クリスマス後は暇なので不思議ブログをご紹介

バナナブログ後の久々のブログ~もう年の瀬~

うっかり(?)もう2017年が終わろうとしていますね。

クリスマスも終わってた!

今年のカレンダーは並びが良くて、

24日が日曜日だったおかげで3連休のクリスマスでした!

 

クリスマス直前までがクソ忙しいヨーロッパ諸国ですが、

(日本の28日~30日くらいまでが仕事やら忘年会やらで忙しいのと同じで)

23日まではやることたくさんで大変でした。

 

ということで、

このブログを書いている今は27日。

暇です。

 

暇なんで、インターネットニュースとかチェックしちゃいますよね。

 

で、

無論ヨーロッパ絡みの記事があると食いつきますよね。

 

特に、

オーストリア絡みのお話が出てきて、

知ったようなコメント書いている人とか見つけると興味わきますよね。

 

ふとYahooニュースで、

「ウィーンはパリよりも清潔な街」

とか言っちゃってる人がいたので、

ウィーンの奥地知らないんだろうな、

私も用事がないからあまり立ち寄らないけど…

 

とりあえずウィーンの奥地の写真とかないかなーって、

Google検索してみたら見つけたブログを晒したいと思います。

 

とりあえず、ウィーンは観光名所付近以外は結構汚い

ブログをご紹介する前に一言言っておきたいのは、

ウィーンは観光名所周辺以外は結構汚いです。

 

ゴミとかはそんなに落ちてないけど、

道はボッコボコだし、

草木がたまに自然のままの状態だったり…

東京などの日本の主要都市では見ない雰囲気ではあります。

 

だから、

ずば抜けてウィーンは綺麗な街!

なんて印象はないです。

 

どちらかというと、

東京の丸の内周辺なんかの方が整備されまくってて、

写真の中の世界の様な雰囲気がありますよ。

 

で、噂のブログ

なんでこんなに無駄に引っ張ったんだろう。

暇だからだろうな。

まぁどうでもいいや。

 

さて見つけたのがこちらのブログ。

ijuusya.com

世界を旅している方のブログっぽいです。

世界各国を旅している方のブログのようで、

オーストリアに行かれた際の記事を見つけました。

 

ここでびっくりしたのが、

オーストリアで感じた違和感=英語通じない」

…!

 

ドイツ語圏ですからね。

国民全員に外国語を話すことを求めているのがおかしいと思うんですけどね。

 

しかし、最初の違和感は英語が通じないことだった。

もちろんホテルのレセプションは問題ないが、
観光施設でも英語の表記がなかったり、
ドイツ語しか話せない人が少なからずいたり。

これではスペインやイタリアとあまり変わらないのでは?

そんなところからイメージとのギャップに気付き、
徐々にオーストリアという国の実態を観察することになった。

元々英語圏ではないし、
言葉の問題は単純に語学力という他に、
文化的な背景を内包している可能性もある。

フランス人がフランス語にプライドを持っているために、
いきなり英語で話しかけられると
不快感を示すように。

オーストリア人もドイツ語に
並々ならぬこだわりがあるのかもしれない。

 

 面倒なのでブログ抜粋しました。

 

オーストリア人もドイツ語に並々ならぬこだわりって…

母国語ですからね。

そりゃ母国語にはこだわりあるだろw

 

私も最初そうだったので人のことあまり強く言えませんが、

欧米人は英語喋って当たり前みたいな空気消してあげてください。

 

ヨーロッパはそれぞれ母国語があるので、

母国にいる時くらい母国語喋ってもいいと思うんですよね。

 

逆の立場で考えよう。

 

日本で欧米人がいきなり英語で話しかけてくる事態は頻発しているかと思いますが、

日本で欧米人がなぜか中国語で話しかけてきたら、

大抵の日本人は驚くかムッとするのではないでしょうか?

 

こんなに中国人がたくさんいるんだし、

同じアジア人でもあるんだから中国語喋れるんでしょ!

的な感覚で来られても、

ここ中国じゃねーし!ってなるはずです。

 

オーストリアも同じです。

ここイギリスじゃないんで!です。

 

人の振り見て我が振り直せ

こんな事軽々しく言ってしまっているブログ、

見ていて悲しくなりました。

 

私もオーストリアの田舎町で、

英語でゴリゴリ頑張ってますが、

もうちょっとドイツ語頑張ろうと思いました。

 

…なんかありがとうございます。

バナナで胸焼け

バナナで胸焼けした話

 

最近健康に良さそうな朝ごはんを食べようと、

朝食は旦那さんと一緒に、

ヨーグルト+りんご+バナナ+はちみつ

を食べているのです。

 

今朝旦那さんが、

「手で混ぜるの面倒臭いからミキサーで混ぜる」

と言い、

(洗う方が面倒です!)

案の定、ヨーグルトスムージーの様になった何かを食べ…飲んだんです。

 

その数分後に来た凄まじい胸焼け!

 

吐く息全てがヨーグルト臭くて、

胃が焼けるように熱くて、

あ、胸焼けてますね!といった具合になりました。

 

 

ヨーグルトのせいだと思ってた

 

昔からプレーンヨーグルトを食べると五分五分で胸焼けしてた事があり、

あぁ…やっぱり欧米食は合わないのね、

動物性はダメなのね、

と思っていました。

 

ワインでもたまに胸焼けするし、

(飲み過ぎもあるかもしれないので断定できず)

油たくさん摂るとお腹下るし、

西洋文化は私の胃には向いてないんだろうな、

と思っていました。

 

残念だけど朝ヨーグルト習慣はギブだな、

明日からスープか?

味噌汁なのか?

お粥とか?

作るの面倒臭い!

と考えていました。

 

 

バナナリベンジ

 

で、

夕方、スーパーに立ち寄り、

朝スムージーになってしまって食感を全く楽しめなかったバナナを買い、

食後に食べようと意気込んでいました。

 

月曜のスーパーは週末に比べると全てが新鮮。

(週末のスーパーの食材っていつから店頭に並んでるんだろう…)

バナナもやや緑混じりの皮がフレッシュさを物語っていました。

 

帰宅後、

本日の胸焼けによる腹痛でほとんど昼ご飯を食べられなかった胃にサラダとパスタを投入し、

念願のバナナ!

何でこんなに食べたかったのかわからないけど、

(一番好きな果物はみかんです。ちなみに。)

凄く食べたかったバナナ!

フレッシュ過ぎて皮固いけど無理矢理剥いたバナナ!

 

ちょっと早かったけど、

まあまあ甘みもあり、

念願のバナナが美味しくいただけました。

 

 

バナナ後数分

 

バナナを食べた後は、

水を飲んだり座ってテレビを観たり、

ダラダラ過ごしておりました。

 

 

ふとヨーグルトは胃に実は良くないのでは?

とか、

食べ方に問題があったのか?

とか、

疑問に思ったのでネットで検索してみました。

 

プラス、

実はフルーツも胸焼けしちゃったり?

とか疑問に思ったのでネットで検索してみました。

 

するとバナナで胸焼けする、

という知恵袋がちらほら目にとまり…

 

え?バナナ?

まさかw

 

くらいの気持ちで調べてみたのですが、

どうやらバナナで胸焼けする人多いという事実にぶち当たりました。

 

あれ、そう言えば食道の辺りが熱い…。

 

あれ、

これ朝のやつと似てる…。

 

そう、まさかの胸焼けアゲイン。

 

…バナナ!

 

 

どうやら熟す前のバナナで胸焼けを起こす事があるらしいのです。

 

日本語のどこかのサイトでもそんな記事を見かけたし、

英語でもそんな記事を見つけました。

 

というか、

Banana stomachache がGoogleの予測検索に出てきたので、

人類共通の悩みだった模様です。

 

 

そうか、

昔ヨーグルトで五分五分で胸焼け起こしてたのって、

ヨーグルトとバナナを一緒に食べてた時限定だったのか、

と今更思い知る事となりました。

 

このヨーグルトとバナナを一緒に食べる時というのが、

ヨーグルトが必ずプレーンヨーグルトの時で、

私はプレーンヨーグルト以外で胸焼けを起こした事が無いのです。

 

プレーンヨーグルトでも胸焼けを起こさなかった時もたまにありましたが、

その時は缶詰のフルーツだったり、

ジャムやコンポートなどの調理済みフルーツと一緒に食べてたんですね。

 

ヨーグルトの酸味がキツイから、

ベリー類や柑橘類では糖分を混ぜないと食べにくかったんですね。

 

で、バナナ。

バナナならお砂糖なくてもバナナが甘いからプレーンヨーグルトと相性最高!と思っていたんです。

 

で、たまにプレーンヨーグルトで起きていた(と思っていた)胸焼けに、

ヨーグルトが合わないんだろうな、

とか思っていたのです。

 

 

バナナは熟してから

 

今日初めて自覚したバナナ胸焼け。

 

バナナは茶色のぶつぶつが表面に現れる前は食べない方が良さそうです。

(スィートスポット?)

 

 

同じような悩みをお持ちの方、

是非バナナを食べる時は新し過ぎないものを選んでくださいね。

 

でももしかすると本当にヨーグルトが原因の時もあるので、

気になる時は個別に少量を食べて胃の調子を観察した方が良いです。

 

食品アレルギーの可能性もあるので、

症状が芳しくない時は必ず医療機関で相談してくださいね。