オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

ついに陣痛!

果てしない出産というお話

今回はついに!

出産のエピソードです。

 

妊娠してからかれこれ9か月。

(十月十日とは言いますが、現在のカレンダーで考えると9か月です。)

臨月に入ってからというもの、

毎日がハラハラドキドキの一か月でした。

 

陣痛はいつ来るの?!

破水とかしちゃうの?!

入院とか言葉通じるのかよ!

あぁ仕事出来るだけ片付けておかないと…!

家事も出来る時にやっとこう!

 

なんて色々考えておりました。

小忙しい日々でした。

 

そんな日々を過ごしていると、

何だかんだであっという間に出産予定日。

 

妊娠中期から比較的お腹が大き目だったことから、

(多分太り過ぎた)

結構早く産まれちゃうんじゃないの?

とか周囲に言われまくってたわけなのですが、

全然そんな予兆がなく、

予定日どころかひと月伸びちゃうんじゃなかろうかくらいのモヤモヤ度合でした。

 

 

魔の陣痛誘発剤

結局41週と3日で病院から入院命令を頂きました。

 

何のための入院かというと、

陣痛誘発剤を使わないといけなくなったので入院と…

 

この陣痛誘発剤、

タンポンみたいに膣に直接挿入するタイプのもので、

入院手続きをして即挿入されました。

 

2~3時間待って、

NSTを受けたのですが全く変化なし。

痛くも痒くもない。

 

その後主人と近隣を散歩したりして、

軽く運動してみたら鈍痛スタート。

 

これか?これなのか??

期待に胸を膨らまし、

再度NSTスタート!

何か地味に痛いよ、生理痛の結構痛い時と同じくらいだよ、

これがまさかの陣痛ですか??

 

と思っていましたがただの偽陣痛。

子宮口全く開かずに一日目が終了しました。

 

また明日やり直しという悲しい結果に…

 

 

ちょっと話はそれますが、

やり直しなら家帰っても良くないか?

と思ってしまい病院を脱出しましたw

 

というのも、

オーストリアの保険適用範囲内の入院施設は相部屋なんです。

2人部屋で広さは結構広いんですけど、

ドイツ語喋れないし、

相方は赤ちゃんと一緒に寝てるし、

非常に居づらい雰囲気だったんです。

で、逃げたとw

 

 

脱出前に誘発剤の残りかすを助産師が膣から出したのですが、

これが激痛。

血が出た。

 

恐らくこれで子宮口が若干開いたらしい…

 

 

そして2日目、

再度陣痛誘発剤を挿入しました。

 

今回は結構すぐにお腹痛くなり、

トイレ行きたいんだか何なんだかわからない心地に。。

 

散歩も歩いては止まり、止まっては歩きの繰り返しで、

全然歩いてないという…w

 

こんなに痛いんだからもう子宮口も開いてるでしょ!

と思ったのですが、

NST的に偽陣痛。

子宮口もほぼ開いてない…

 

助産師からは明日は休んで明後日再開です!

と言われ、

えーじゃあ今日も入院する意味ないよなぁと思い、

また脱出計画を練っていましたが、

一度ちゃんと病院の指示に従ってみようと主人に諭されました。

 

そりゃそうですよね。

一回くらい言うこと聞かないと産まれるものも産まれないですよね。

 

というわけで初めてのまともな入院生活が始まりました。

 

お部屋の相方が気遣いするタイプで、

たまに来る痛みにフーフー言ってると、

「大丈夫?助産師呼ぶ?医者呼ぶ??」と常に申し出てくるような、

陣痛中にはちょっとウザイタイプだったので(申し訳ない)、

陣痛が来てる人用の個室が空いていたのでそこで一晩過ごしました。

 

地味に痛いお腹。

でも全然耐えられる痛みで、

ひたすらトイレ行きたくて仕方なかったです。

 

明け方になるにつれて徐々に痛みが引いてきて、

朝になるころには完全に通常モード。

 

…これはいつ産めるんでしょうか??

 

3日目は特段何の予定もなかったので、

朝ごはんを食べてから、

1階から5階まで階段を上ってみました。

 

動くと陣痛来るって言うのに…

全く痛みが来ない…

というよりどんどん引いていく痛み…

 

自己嫌悪が始まっていきます。

 

なんで陣痛来ないの?

ラソンとかしないと来ないもんなの??

これは産むなってことなの???

私の生活習慣が悪いの?????

 

病院で号泣。

 

日本の実家にも泣きながら、

「陣痛来ないよー」

という電話を夜中に掛けました。ごめんなさい。

 

 

完全に憔悴しきったので、

今度は病院サイドから帰宅指示をもらい、

「明日他の手を考えましょう」

と言われました。

 

ネガティブモードにどっぷり浸かっていた私は、

帝王切開なんて嫌!いやいやいやーーー!」

「最悪だ…」

と悪い方ばかりに考えていました。

 

でも取り合えず家でゆっくりシャワーでも浴びて、

アニメでも観て、

温かい食べ物でも食べて寝ることにしました。

 

 

待った、超待った。

 

シャワーの段階で陣痛らしきものが再開したんです。

 

めちゃくちゃ痛い。

 

でも偽陣痛の時に痛みを散らす方法を学んでいたので、

(ひたすら猫みたいに丸まると痛みが引きます)

時々散らしながら眠りにつきました。

 

…全然眠れない。

痛すぎる。

30分おきくらいに痛みで目が覚め、

午前3時くらいには眠るタイミングさえなくなって…

 

主人が「病院行くよ!」と言ってくれなかったら、

多分だましだまし子宮口が全開になるまで耐えていたのかもしれません…

 

 

病院についてすぐにNSTスタート。

どうやら本陣痛が始まっているらしい。

 

でも子宮口は2~3センチしか開いていない…

取り合えず浣腸しますよってw

 

で、出すもの出して痛みに耐える数時間。。

痛いのになかなか子宮口が開かず、

助産師に痛み止めを注入されました。

 

痛くはなくなり、

子宮口も開かず、

そんなこんなで午後になってしまいました。

 

これじゃ埒が明かないということで、

陣痛促進剤を打つことになりました。

 

そうです、

誘発剤と促進剤のダブル攻撃です。

 

これだと痛みで私が死ぬかもしれないので、

無痛分娩を勧められました。

(無痛拒否だと帝王切開になったんだと思います。)

数時間も痛い思いをしているので、

無論無痛分娩でお願いします!!!

ってなりました。

 

 

麻酔医が来て麻酔スタート。

その後医者が来て陣痛促進剤スタート。

 

ちょっと待って、

どんどん痛みが増してくるんですけど…

無痛分娩じゃなかったんでしょうか???

 

陣痛促進剤がめちゃくちゃ痛くて、

麻酔は脚付近にしか効いておらず、

めちゃくちゃ痛い本陣痛を味わう羽目になりました。

 

色々な人が出産は痛いよー

と言いますが、

痛いよーなんてもんじゃなかったです。

子宮がえぐり取られるかと思いました。

 

 

…産むところまで書きたかったのですが、

既にクソ長ブログと化しているので、

次回に続く!

 

妊娠中のお話 後期編

ついに後期に突入!お腹が大きい!

今回は妊娠後期のお話です。

 

8か月頃から後期に入るのですが、

どんどんどんどんお腹が大きくなっていきました。

 

インターネットを見ていると(懲りない)

妊娠後期は妊娠線予防をしないとダメ!

みたいな記事が至る所に登場するので、

妊娠線ってヤバイ!とまた踊らされました。

 

最初は無印良品のホホバオイルを気持ち塗る程度だったのですが、

完全にインターネット記事に踊らされた妊娠8か月目、

もっとちゃんとケアしなきゃ!と思い始めたのです。

 

とりあえずボディオイルを買いに行きました。

 

私が使ったのはWeledaの妊婦用ボディオイルでした。

 

香りが結構強いなと思いましたが、

ヨーロッパの化粧品あるあるなので気にせずドバドバ使いました。

オーストリアだと大体15ユーロ程度で手に入るのでそれはもうドバドバと…

 

これプラス、

ニベアのボディクリームを重ね塗りしていました。

 

でも今思えばニベアだけでも良かったんじゃなかろうか…

結果妊娠線出来なかったのでまぁいいんですけどね。

 

 

どちらかと言うと、

妊娠線予防用のオイルよりも、

Weledaでも何でもいいのですが、

カレンデュラオイルがおすすめです。

 

私は軽度のアトピー性皮膚炎の持ち主なのですが、

ちょっと肌がかっさかさになったなと思ったらカレンデュラオイルを塗ると…

2日程度で治りました!

 

このノリだともしかすると妊娠線も薄まるのではなかろうか…

憶測です。

 

無香料のカレンデュラオイルなら赤ちゃんにも使えるので、

多分こっちの方が将来的にもコスパ的にも良かったと思います。

 

 

本当に辛い坐骨神経痛

前働いていた会社で、

そこのトップが坐骨神経痛だったのを思い出します。

 

冷房が辛いとか、

腰が痛くて歩けないとか、

年取るって大変だなぁ位にしか思ってなかった当時…

 

もう少し優しくしてあげるんだったと後悔していますよ!

 

坐骨神経痛って凄く痛い!

 

お腹が大きくなるにつれて、

座っているのが辛い

→立っているのが辛い

→寝るのも辛い

→歩くのも辛い

→ストレッチ出来ない

→座っているのも辛い

の無限ループになり、

鎮痛剤も飲めない(飲めるものはあるけど飲みたくなかった)ので、

痛い痛いという記憶しかありません。

 

坐骨神経痛にならないようにするには、

適度な運動と、

体の体重のかけ方を均等にすること、

シムスの体位でばっかり寝ないこと!!!

これに尽きると思います。

 

 

新たな刺客、逆流性食道炎

妊娠中期から悩まされてきた坐骨神経痛

これに加えて、

子宮が大きくなったことによる胃の圧迫が強くなっていきました。

 

座ると逆流性食道炎スタート。

 

なぜか麦茶で胸焼け。

(多分大量に飲むから)

 

PCの前でオエオエしていたのを思い出します。

 

逆流性食道炎が始まったのは大体9か月頃。

臨月も最初は続いてましたが、

赤ちゃんが下がってきたころには収まりました。

 

 

赤ちゃんが下がるということ

赤ちゃんが下がってくるというのは、

そろそろ出口に近づいてきたということで、

頭が下に下がってくるのです。

 

私の場合、

妊娠9か月頃まで逆子だったり逆子じゃなくなったりを繰り返していました。

(毎日ぐるんぐるん動き回っていたみたいです)

 

臨月に入ったある日、

突然立っていられないくらいの激痛がお腹に走り、

これは…?

と思った所、

赤ちゃんの頭がググっと子宮の出口に収まった痛みだったようです。

 

この痛みの後から、

逆流性食道炎が治り、

脚が閉じられなくなりガニ股になり、

本当にお腹が重くなり、

ちょっと動くだけでもはぁはぁ言っちゃう妊婦になりました。

 

臨月が真冬だったのでタイツや靴下を履くのに苦労しました。

 

後は陣痛が来るのを待つばかり

妊娠後期は赤ちゃんが生まれた後の準備とか、

仕事の精算とか、

結構やる事がたくさんあって忙しい日々でした。

 

体も自由に動かないし、

食事制限はまだまだ続くし、

病院に行く機会は増えるし…

 

案外ストレスの多い後期なのです。

 

それでもじっくり陣痛が来るのを待って待って…

 

待ちすぎて41週を過ぎてしまいました!

 

周りからは、

(医療従事者以外)

もしかすると少し早く生まれちゃうかもねー

なんて言われていたのでその気になっていたのですが、

待てど暮らせど来ない陣痛…

 

またインターネットで色々調べて、

おっぱいマッサージすればいいとか、

亜麻仁油食べれば出てくるとか、

ラズベリーリーフティーは安産のお茶だとか、

スクワットしろとか、

雑巾がけしなさいとか、

歩けとか、

会陰マッサージは忘れずにとか…

全部やったけど全然陣痛来なかったじゃないの!

(会陰マッサージは陣痛促進の為ではないです。)

 

 

41週過ぎたら入院してね、

と病院に言われていたので、

結局陣痛来る前に入院する羽目になりました。

 

 

次回はハラハラ陣痛とドキドキ出産についてです。

 

妊娠中のお話 中期編

安定期と呼ばれる中期のお話

妊娠5ヶ月くらいから安定期と呼ばれる妊娠中期になり、

この頃ちょうど日本に一時帰国しました。

 

日本に行く事を決めたのは妊娠発覚前だったので、

凄く運良く!安定期に!

ぶち当たった感じです。

 

やっぱり長時間フライトは身体が辛いので安定期がオススメです。

 

更に飛行機恐怖症の私としては、

余計な心配を増やしたくなかったので…

 

オーストリアからの直行便は無かったものの、

(ちょうどなくなっちゃった時期だったんです)

ミュンヘンから直行便が出てるので、

車で4時間、

エアバスで広々飛行機12時間、

羽田に着いて右往左往した小一時間、

合計17時間の旅でも体調を崩す事なく無事に辿り着きました。

 

(帰りのANA機は座席ぎゅうぎゅうだし、CA走りまくってるしで落ち着かないフライトでした…)

 

 

食欲が出て来たのに…

日本に着いたらやっぱり日本の食事食べたい!

という事で、

初日からラーメン、焼肉、おにぎりなどなど…食べまくります。

 

オーストリアでは妊婦の体重制限なんてありません。

食べたい物を食べたいだけ食べていいんです。

 

つわり?夏バテ?

から解放された私、

更に日本に戻って来た事で食欲がうなぎ登り。

食うわ食うわ…

 

ただし、

食事の制限は無くても、

胎児のために食べない方が良い物というのはありまして。

 

 

まずはもちろんアルコール。

ダメですね。

 

カフェインに関しては、

私は低血圧で頭痛が酷かったので、

むしろある程度採れと言われました。

1日一杯くらいコーヒーを飲んでました。

 

生肉生魚、

トキソプラズマ?かな?

何かに感染すると胎児にも影響を及ぼすという事で食べちゃダメでした。

そう、寿司NG。

何のための日本旅行なのか…

 

野菜や果物を洗わずに食べること、

トキソプラズマです。

オーガニックが逆に怖くなった妊娠期間でした。

 

その他熱処理されていないチーズとか、

生卵とか、

サラミやら生ハムやら…

なんだよ美味しいものばっかりじゃないか!

といった具合でNG食材がありました。

 

まぁ全部火を通せばいいんですけどね。

 

 

番外編としては、

ハイビスカスを筆頭としたハーブティーほとんど、亜麻仁油や種、バジル、パセリ…

流産の危険があるのでダメでした。

 

オーストリアは色々なハーブティーがあるのですが、

ほとんど全てのハーブティーにハイビスカスが混ざっているのです…

ルイボスティーしか飲めなかった記憶があります。

(つわりの時はルイボスティーの匂いもダメだったので水飲んでました。)

 

 

ともあれ、

日本の素敵な生食文化を全く味わう事なく、

B級グルメをひたすら堪能しました。

 

 

だんだんお腹が大きくなってくる

中期にもなるとお腹が大きくなってきます。

 

今までのぴちぴちパンツが入りません。

 

インターネットで、

そろそろ後期に向けて横向きで寝る習慣をつけましょう!

的な事を見て、

更にシムスの体位がおススメ!

的な話を聞き、

更に更に左側を下にして寝ないとダメ!

的な話を見つけたので、

中期から左向きで寝はじめました。

 

…あれ腰が痛い。

 

毎日シムスやら左側を下にして寝ていたので、

中期の終わり頃には左のお尻あたりがバッチリ坐骨神経痛になっていました。

 

くそ!またかインターネット!

踊らされた!

 

ここから坐骨神経痛との戦いが始まるのです。

 

インターネットの情報を鵜呑みにせず、

左側でも右側でも、

苦しくない姿勢で寝る事を強くおススメします。

坐骨神経痛はヤバイです。

痛いです。

お腹が大きくなるにつれて悪化します。

 

 

旅行も食事も楽しめた妊娠中期

ともあれ、

妊娠中期は旅行もお食事も色々楽しめました!

 

この期間に父母教室とか産院見学とか、

長丁場な事はある程度済ませておきました。

 

引っ越しもしたなぁ。

 

ストレスにならない程度にアクティブに、

身体も動かした方がいい妊娠中期だなぁと思いました。

 

 

次回は妊娠後期!

お腹が大きくて大変!

重い!

 

妊娠中のお話 前期編

妊娠中のあれこれ前期編

前回はプチ不妊だったお話をしましたが、

今回は妊娠した後のお話をしたいと思います。

 

たくさん思っていたことがあるので、

前中後期と分けて書きたいと思います。

 

ということで、今回が前期編。

妊娠前期は、

1ヵ月目というのはほぼ無自覚ですが、

2ヵ月~4ヵ月目辺りの期間について書いていきます。

 

私の場合、この妊娠前期がちょうど夏だったんですよね。

オーストリアって案外夏暑いんです。

暑い日だと35度以上。

冷房なんて銀行くらいしかついて無いから結構キツイんです。

 

妊娠初期はやっぱりつわりがあったような気がする

 

つわり、

妊娠を代表するような現象ですね。

私も体験したような気がします。。

 

気がするんです。

そう、

先ほども書いた通り、

このつわりが起きる期間がちょうど真夏だったので、

はっきり言って、

つわりなのか夏バテなのかさっぱりわからないのです。

 

酸っぱい物が食べたい→夏だからさっぱりしたものが食べたい。

食欲がない→夏だから。

気持ち悪い→水分不足。。

などなど…

あまり酷いつわりはなかったので、

夏バテだったのかもしれません。

 

でも、においだけは物凄く敏感になりました。

家と夫以外の臭いが全部無理になり、

義父とかお客様の汗臭い臭いが吐き気をもよおしてもよおして…

のたうち回りました。

 

他にも、

玉ねぎとブロッコリー、黒パンの臭いがダメになり、

基本的に調理中の臭いは全部ダメになったりもしました。

 

でも大体妊娠4ヵ月くらいできれいさっぱりなくなりました。

妊娠4ヵ月は9月だったから…

やっぱり夏バテも合わさってたような気がします 苦笑

 

多分最初に書くべきだった話題

 

つわりは妊娠初期によくある話なので、

そんなに書く必要性がなかったなと書いた後で反省…

 

前回のブログで書いたように、

私はクロミッドを飲んで、排卵を誘発させて妊娠しました。

 

で、排卵痛が思いっきり来たわけです。

なので排卵した日がわかるのです。

 

ついでに基礎体温も毎日みっちり計測していたので、

結構色々把握しまくってたのです。

 

よく色んな人が、

妊娠初期ってどんな感じなのか?

という疑問を抱くようなのですが、

体の感覚は全くと言っていいほど通常と同じでした。(私の場合)

 

どちらかと言うと、

私は個人的に生理前にはポーっとした感じがあるのですが、

それがずっと収まらない感じはありました。

 

まあこれは基礎体温がずっと高いままなので当たり前っちゃ当たり前です。

 

ちないに、この基礎体温の高温期が17日以上続けば妊娠してる可能性がある、

そんな記事をインターネットで見つけたので、

毎日いつ下がっちゃうのかハラハラしながら検温してました。

(怖かったので、21日くらい待って妊娠検査薬を使いました。)

 

 

妊娠の兆候って色々あるようですが、

私の場合は血も出なかったし、

吐き気もなかったし、

眠気も○○痛も食べ物がどうのこうのも何もありませんでした。

 

生理前のぼーっとした感じが数週間続いたくらいです。

 

なので、妊娠したかも?

と思ったら医者に行くことをおすすめします。

 

インターネット上の妊娠兆候チェックリストなんてあてになりません。

 

あまり辛くなかった妊娠前期

 

私の場合は幸い全然辛さが無かった妊娠前期。

(働かずにひたすら寝てましたけど。)

 

これから徐々に色んな問題が発生していくのです。。

 

次回は妊娠中期!

2018年も3か月が過ぎようとしていますが、子供産みました

お久しぶりです。子供産みました。

 

お久しぶりのブログです。

毎回久しぶりですが。

 

2018年3月にうっかりなっちゃったのですが、

先月子供産みましたよ!

 

大変だったし、

現在進行形で大変です!

授乳しながらブログ書くっていう。

 

妊娠から出産に至るまで大変なことの連続でした。

 

誰かの役に立てたらいいなと思うので、

ブログに書き連ねることにしました。

 

今回は、

結婚から2年かけてようやく授かった妊娠編です。

 

まさかの不妊だった。

 

私は2015年に結婚しました。

子供はすぐにでも欲しくて、

今か今かと待ちわびていました。

 

が、待てど暮らせど妊娠しない…!

生理が来るたびにショックを受け、

しまいに毎月泣く始末…

 

さらに生理痛も酷かったので、

オーストリアの婦人科に相談しに行くことに。

 

子宮に何か問題があるんじゃないかと思い、

医者に聞いてみるも、

大丈夫、妊娠すれば生理痛も治るよ

と。

 

…いや妊娠しないんですけど?

 

医者を変えて再チャレンジ。

 

多くを語らない2人目の医者は、

妊娠したいの?

とだけ確認し、

さらっと処方箋をくれました。

 

クロミフェンです。

 

よくわからないまま飲んでたけど、

どうやら排卵してなかったらしく、

そりゃ妊娠しないわ!ですよ。

 

効いてるんだかよくわかんないクロミフェン

 

このクロミフェン、

効果の程が全くよくわからず、

初回では排卵せず、

2回目も排卵してない、

3回目もダメ…

 

もうダメなんじゃないかと泣きじゃくる日々…

 

ダメ元の4回目、

飲んでから数週間後に物凄い腹痛が来て、

その後高温期がずーっと続いて、

つ、ついに妊娠しました!

 

この腹痛は排卵痛だったようで、

多分初めて味わった痛みでした。

どんだけ排卵してなかったんだろう?

 

ともあれ、

嬉しくて嬉しくて、

でも安定するまでは浮かれるのやめようと思い、ひた隠しにしてました。

 

安定しても何か不安で、

産むまでそっとしておこうと心に決めました。

 

なので日本の知り合いはこの事実を最近知りました。

秘密主義ですよ。

 

 

まさか自分が不妊症だとは思いもしなかったので、

もし妊娠を希望してる人は婦人科で検査を受けることをお勧めします。

悩むよりプロに相談した方が早いし、

何より精神的に落ち着きます。

 

 

今回はご懐妊までですが、

妊娠中の色々も書いていきたいと思いますよ。