オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

キュレーションメディアなんて信じない方がマシ

ニュースをパパパーッとチェックしていたら、

WELQという健康系キュレーションメディアがなんかどうやら問題起きているらしい。

ということを知る。

 

なんだ?

と思ってWELQを除いても、

これからは記事の内容の信憑性の確認がどうのとか、

専門機関への内容調査依頼的なことがなんとかとか、

ふわーっと

改善するね!

みたいな事がお知らせに書いてあっただけだった。

 

何があったのか非常に気になる。

Google先生

 

先生が導いてくれた一つの記事。

https://www.buzzfeed.com/keigoisashi/welq-01?utm_term=.lrMP8vl8M#.bhMObP1b3

タイトルは、

無責任な医療情報、大量生産の闇 その記事信頼できますか?

お!

と思った。

 

この記事によると、

WELQの一部?の記事は、

専門家以外のライターがウェブから拾った寄せ集めの情報を加工して発信しているものがあること

SEO対策ばっちりだからそんな記事が常に検索上位に出ること

そんな問題がちらほら?かなり?あるらしい。

 

そこで我思う。

あ、私キュレーションメディアのライターだったじゃん

と。

 

ひ!

 

 

キュレーションメディアのライターなんて、

ほとんどが現代版内職なわけで、

一つの記事に対する単価なんて1000円もらえればいい方。

下手すると300円なんてものもある。

プロのライターがこんな仕事引き受けるわけもなく、

専門家なんてもってのほか。

専門家が暇つぶしの慈善事業でタダでキュレーションメディアに執筆するのか?

それもありえないと思う。

 

というのも、

キュレーションメディアの記事はSEO対策ありき。

一つの記事の文字数やら、

キーワードの数、

キーワード挿入数、

画像枚数、

他のサイトからの引用数、

見出しの数、

などなど

すごーーーーーく細かく決まっている。

なのに記事の内容は(信憑性の部分)ほぼチェックなし。

 

 

また、キュレーションメディアはキーワードありきで記事を書いていく。

このキーワードというのが厄介で、

メディア本体が決めたキーワード、

健康系なら例えば、

ココナッツオイルの記事を書くとなると、

ココナッツオイル×美容×おすすめ

ココナッツオイル×健康×効果

ココナッツオイル×飲む×健康

などなど、

たまに は? となる組み合わせまで無限にある。

こんなキーワード一覧から、

内職のライターさんたちが自分たちでピックアップして書いていく。

 

ただ書くと言ってもほとんどがどこかのサイトから拾ってくる。

リライトというやつ。

なぜかと言うと、

知識や経験が無くても提示されたキーワードの記事を書いてしまうから。

だってたくさん書かないとお金にならないから。

 

だいたいどのキュレーションメディアも、

一記事いくら

という単価はあるものの、

一記事単価では支払ってくれない。

大抵が20記事前後書かないと報酬を受け取れない。

ノルマに近いのか。

 

ここでちょっと考えて欲しい、

例えばダイエット法、

みんな20通りも知っているのか?

例えば旅行先、

みんな20都市以上行ったことがあるのか?

 

20はもしかしたらあるかもしれない。

でも毎月稼ぐとなると、

1年間で240もの事柄を知っている必要がある。

(まぁ組み合わせ次第なので、例えば旅行先なら、オーストリア×夏×おすすめ、この春夏秋冬バージョンがあるから、一概に240の都市を知っている必要はない。)

 

そして困ったことに、

キュレーションメディアのライターさんはどこのメディアも相当数いる。

書きやすかったりその時に話題性のあるキーワードはすぐに誰かが書いてします。

キーワード争奪戦勃発。

記事数を稼ぎにいくと、

何が何だかわからない記事も書くことになる。

 

 

何が何だかわからない記事、

ライターさんたちも、

これはどうなんだろうか?

と最初は思うに違いない。

記事を書き終わるとメディア側のチェックが入る。

チェック項目は、

キーワード挿入数(タイトル、見出し、本文)

文字数

画像(引用可能なものかどうかとサイズなど)

引用数

そして語尾

それだけ。

 記事の内容部分には一切チェックが入らない。

だからライターさんたちも、

あぁこんなもんなのか

で記事を公にする。

内容の信憑性なんて無くても、

実際知らなくても、

メディア本部から記事にOKが出るから、

ライターさんはだんだん感覚が麻痺してくる。

知らなくてもウェブから拾えば問題ないと。

 

 

ここからが私の体験談と反省。

 

私は旅行系のキュレーションメディアでライターをしていたことがある。

主に海外の記事を書いていた。

行ったことがある場所の記事なんて5%くらい。

あとはトリップアドバイザー頼り。

行ったことも聞いたこともない国や街のことまで書いたことがある。

泊まったことのないホテルや、

食べたことのないレストラン、

見たこともない景色を、

それはまぁ無責任に

素敵です!

なんて書いていた。

 

1本だけ全部自分が行ったレストランの記事を書いたことがある。

その記事はとても人気があって、

やっぱりわかる人にはわかるらしい。

温度差的な何かが。

 

それでもやっぱり無責任なウェブから拾い集めました記事も色んな人に見られていて、

こんな記事参考にされて旅立たれたらいたたまれない。

消せるもんなら消したい。

 

 

WELQの件で、

私はもう二度とキュレーションメディアのライターなんてやるものかと思った。

私だってキュレーションメディアの被害者でもあるからね!

…塩シャンプーめ!

(詳しくは過去記事をご参考ください。キュレーションメディアの塩シャンプーで頭皮改善!どころか通院する羽目になるの巻。)

 

本当にキュレーションメディア恐ろしや。

私の記事を片手に旅に出た人がいたら本当にごめんなさい。

m(_ _)m

 

オーストリアのクリスマスウィークスタートの日。

今日から完全にクリスマスクリスマスです。

クリスマス一色のオーストリアです。

 

北米はブラックフライデーが終わったころかな。

日本もブラックフライデーが広まったみたいで。

日本でやる意味がないとは思うのだけど…

いや、日本のクリスマスでさ、

子供にはプレゼント贈ると思うんだけど、

親兄弟にプレゼント贈る習慣ないでしょ。

ブラックフライデーってクリスマスにプレゼント贈らなきゃいけない文化の集大成みたいなものだからさ。

ブラックフライデーにプレゼントを買わないと、

クリスマスに向けて値上がりしていく品物を買わないといけないので、

死ぬ気で買い物をするわけです。

夜遅くまで。

12月26日のボクシングデーも安いけどね。

クリスマス終わっちゃってるからね。

 

とまぁ

アメリカの話は置いといて。

キリスト教の文化の国は買い物で大忙しなのです。

 

ということで、

小売業を営んでいる私も土曜日働いています。

今週と来週が勝負?

か?

 

 

というのも、

今日はこのクラーゲンフルトの街でクランプス(Krampus)のパレードがあります。

本当は12月5日にやるお祭り?行事?だけど、

パレードだけ11月の最後の土曜日に開催されます。

 

このクランプス、

言ってみれば日本のなまはげ的なものです。

f:id:LilychanKU:20161126224154j:plain

これは去年のクランプス。

鬼のような?

悪い子供にお仕置きする悪魔です。

このクランプスの対となるのが聖ニコラウス。

ニコラウスはプレゼントをくれます。

ニコラウスがプレゼントをくれる日はクランプスの翌日、12月6日。

サンタクロースの原型がニコラウス、

オーストリアの人は言います。

ニコラウスは赤い服ではなくて白い服を着ています。

赤い服を着た白髭のおっさんはサンタクロースではない、

コカ・コーラマンだ!

オーストリアの人は言う。。

 

ともあれ、

今日はクランプスが街を練り歩きます。

いたずらするとめちゃくちゃひっぱたかれます。

大人も子供も関係なし。

(゚д゚)!

 

このパレードが終わるとクリスマスホリデーが怒涛のように始まるのです。

あぁ忙しい。

もうすぐクリスマス。の前の行事が始まるオーストリア。

クリスマスです。

あと1か月とちょっとでクリスマスです。

そう、クリスマス。

大人になると、

もうダメ、忙しい、サンタの赤で目がチカチカする!

としか言えなくなってくるクリスマスが全世界にやってきます。

 

日本のクリスマスは、

前後も当日も、

来る年末年始のために死ぬほど仕事するのが常でしたが、

キリスト教が布教している国々は、

クリスマス前がクソ忙しい。

(…あぁどっかのカナダ人もそんなこと言ってたっけな。)

 

今週位から始まるクリスマス商戦

クリスマスマーケットも始まりました。

私のお店も無論怒涛のクリスマス商戦に飲み込まれます。

週6で働いちゃうんだ。

 

 

で、まぁ飾りつけ。

クリスマス用のお店の飾りつけをしないといけない。

ここで何となく思っちゃったんです。

あ、作ってみたいって。

 

(´・ω・`)

 

f:id:LilychanKU:20161122012928j:plain

結果、アドヴェントキャンドルなるものを作った。。

 

アドヴェントキャンドル、

クリスマスの4週前の日曜日から1本ずつキャンドルに火を灯すという、

ドイツとかオーストリアでは定番クリスマス行事らしい。

そいつを作ってみた。

 

木と松の実は森から拝借し、

(本当は多分取ってきちゃダメ)

リボンとかキャンドルは買いました。

キャンドルでかすぎないか。

不安定感抜群。

 

こんなリースの上に飾るのが一般的らしいのだけど、

別にどんなものに飾ってもいいらしい。

とりあえずクリスマスっぽくて、キャンドル4本ならアドヴェント

 

個性を出したいところだったのに、

どういうわけか基本に忠実なものが出来上がった。

(安定感はないけれど)

 

この定番っぽいアドヴェント

作り方が非常にワイルド。

 

私は最初、ブドウとかツタ的なくねくね曲がる枝をベースにして針葉樹をベースに刺していって緑色のリースみたいなベースを作るもんだと思っていた。

針葉樹(フィヒテという木を使いました。)の枝20cmくらい拝借してきたのだけど、

その20cm長の枝をくるーっと円状にして何本か同じように円状にして重ねる。

終わり。

え。

 

枝を円状にくるっとする、とか簡単に言いますけど、

小枝とか刺さる刺さる。

さらに勢いあまると枝折れて、

折れた部分がまた腕に突き刺さり…

手ボロボロ、床葉っぱと謎のごみだらけ。

挙句不安定…苦笑

 

来年からはベース買います。

マーケットで18€だったしね。

 

あまった森からの頂き物で、

謎の何かも作った。

f:id:LilychanKU:20161122022042j:plain

クリスマスっぽい何かの箱詰め。

っぽいからいいんだ、何でも。

 

 

…まだこの2つしかクリスマスになってない泣

もう11月23日。

あと一か月で天皇の誕生日。

その後クリスマス。。

 

クリスマス前が忙しいんで、

クリスマスは寝ます。

寝クリスマス。

最近ブログに書きたかったこと ②ここ数か月のポイントサイトとの格闘~アンケート系編~

最近ポイントサイト地獄にはまっています。

もともと、

モッピー一本だったのですが、

モッピーで稼ぐために無料広告への会員登録をしていると、

モッピーみたいなポイントサイトに会員登録している私がいるわけで。

 

知らぬ間に、

モッピーからの、

マクロミル、アンとケイト、リサーチパネル(に付随してECナビも)、Gポイント、すぐたま、CMサイト、Cueモニター

こんなに登録していた。

通りで最近メールが100通以上来るわけだ。

 

気まぐれな私は、

登録してから数か月放置をして、

なんとなく気が向いたら始めてみるのです。

 

で、

今全部フルスロットルでポイントを貯めています。

目が死にそうです。

 

 

今回はそんなポイント地獄のアンケート編。

 

私が登録しているアンケートサイトは、

マクロミル

アンとケイト

リサーチパネル

以上3つです。

 

リサーチパネルはどちらかというとポイントサイトのECナビのおまけ的存在なので、

アンケート真剣勝負のマクロミルとアンとケイトについて物語ります。

 

 

*マクロミル

 

マクロミルはポイントサイト地獄になってもいいかもしれないと思わせた張本人です。

毎日尋常じゃないくらいのアンケートが届き、

尋常じゃない位回答していくと、

あれよあれよという間に1000円2000円がさらりと貯まる素敵なポイントサイトです。

 

事前調査という、

本調査前の確認アンケートが多く、

事前調査でも2~3円くらい付くので、

本調査に答えなくても何となく貯めることができます。

 

本調査は、

事前調査の結果に左右されるので来たり来なかったり。。

本調査に回答できると20~100円くらい付きます。

時間も結構取られますが、

アンケート回答だけでこれくらいもらえると嬉しいものです。

 

その他、

会場調査やサンプル調査などがあり、

この2つに参加できれば、

一度に500円~8000円くらいがもらえる可能性があります。

(うらやましいぜ)

でも抽選参加らしく、

特にサンプル調査はなかなか当たりません。

 (ちぇ)

 

 総合的に安定的にちょっとした収入が得られるサイトです。

 

ちなみに…

換金手数料はマクロミルもちなので、

毎月換金しても損した気分になりません。

 

*アンとケイト

 

登録当初から大量のアンケートが来るサイトです。

ただマクロミルに比べると本調査が少ないような?

事前調査や簡単なアンケートをひたすら回答していくイメージです。

 

今までは事前調査を隙間にちょろっと回答していくだけだったのですが、

最近アプリがリリースされました!

このアプリが1問1答アンケートなどが配信されていて、

今までよりも簡単にためることが出来そうです。

 

アンとケイトの魅力は、

マクロミルに負けないアンケートの量と、

事前登録内容の一部がアンケートに既に反映されていて回答が楽なところです。

アプリはこれからどんどん魅力的なアンケートが増えていくと思います。

 

アンとケイトも換金手数料が無料です。

アンケートサイトはユーザーに優しいのが私のイメージです。

 

 

両方のアンケートサイトに共通しているのは、

友達紹介しても大してメリットがないこと。

ここで宣伝してもあんまり私には響きません。

単にアンケートライバルが増えるだけです。

(アンケートは回答定員に達すると締め切られます。)

 

でもなんとなく広めます。

両方とも本当にいいポイントサイトだと思うので。

 

アンケートモニター登録 

 

www.ann-kate.jp

最近ブログに書きたかったこと ①東欧の人たち

最近ドイツ語の学校に通っているお話。

 

私の住んでいる街は、

オーストリアの南部なので

(ほぼ国境、いやオーストリア自体がほぼ国境の街だな。)

色々なヨーロッパの人が住んでいます。

国際色豊かというにはアレだけど、

ヨーロッパの色々な人がいます。

 

南部は特に、

イタリア(近いから)、スロベニア(近いから)、ボスニア(なぜだろう)などなど、

イタリア以外はなじみの薄いお国の方々がたくさんいます。

 

私の通っているドイツ語の学校には、イタリア人はいません。

どうやら、イタリア人は語学を勉強するという発想は薄いらしい。

知ってる言語と知ってるワードでごり押しするイメージ。

 

イコール、

謎の東欧人と絡みがあります。

 

また、

最近の中東のあれやこれやで、

ドキドキのアラブ人やトルコ人との絡みもあります。

 

カナダ在住の時に、

「あーマジでインターナショナル」

とか思ってた私に顔面パンチを食らわせてやりたい。

それくらい知らない人種がまだまだたくさんいました。

 

 

アラブの人たちやトルコの人たちはあまり絡まないので(英語が通じない人が結構いる)、

東欧の人たちのお話。

(女性限定、男の人は知らない。)

 

私の今までの東欧の人たちのイメージ=美人

だけでした。

 

これは間違いではなさそう。

美人っぽい人が多い。

というか、

イメージする白人の人たちがここにいる、

そんな感じです。

(北米に行くと結構な割合でがっかりする、ムチムチしすぎてて、想像と違うことが多数)

 

美人っぽいと書いたのは、

朝から化粧が非常にしっかりと塗られているので、

実際どうなのかがわかりかねる感がすごい。

 

また、とても面倒見がいい人が多い。

気配りとはまた別の話で、

子供の面倒とか友達のフォローとかすごいしてる。

 

あと、料理が得意か好きな人が多い。

すごい化粧濃いのに、殺傷能力の高そうな長い爪をお持ちなのに、

料理と裁縫が得意です。

という一瞬どっきりなのかと思うくらいの自己紹介がまたユニーク。

 

ここまでがいい面。

 

ここから私が書きたかったこと。

 

私がオーストリアで出会った東欧の人たちは、

スロベニアボスニアマケドニア

この3か国です。

昔、クロアチア、ロシア、ハンガリーチェコなんかと会ったりしたけど、

1人2人の世界だったので、特に何も思わなかった。

が、今は、

スロベニア5人、ボスニア5人、マケドニア1人、イラク2人、日本1人のクラスなので、

東欧がすごい。

団体になった東欧がヤバイ。

 

まず、東欧の人たちのノリがすごい。

なんというかやかましい。

声がでかい。

私はもうここで圧倒される。

 

次に、わかってなくてもわかった風な雰囲気を醸し出すのがうまい。

ドイツ語と英語で頑張って説明して、

ふーん

みたいな顔するのに、

数分後同じ質問をされる。

なんでだ?

 

そして、みなさんかなりの割合で英語が喋れる。

ドイツ語必要なのか?

これはいい面だった。

しまった。

 

余談、Rの発音がすごい。(びっくりする)

 

そして…

なんだろう、あの自信に満ち溢れた感じ。

たまに?態度がすごい横柄。

特にライバルを発見すると好戦的になる。

戦争反対!

 

 

私の中で東欧は怖い人たちとなりました。

中学のヤンキーみたいな感じ。

 

旦那様に話したら、

「あー、あの人たちはヨーロッパの中国みたいなもんだから。」

非常に納得。

Rの発音と好戦的なところ以外同じだ。

 

私的には中国は嫌いな国ではないので、

渡り合うための対中国人マナー的なものがある。

Yes Noを尋常じゃないくらいはっきり言って、

欲しい・やりたいものがあればゴリゴリ行くこと。

これくらいが東欧にも必要なのか?

今度試してみよう。

 

 

最近クリック+アンケート地獄に陥っているポイントサイトたち。

マクロミル

アンケートモニター登録 

②ECナビ

③Gポイント

Gポイント 

④すぐたま

すぐたま経由で買い物するとお得!楽天スーパーポイントとネットマイルが両方貯まる!すぐたま  

 

色々やってます。

そこそこ貯まってます。

携帯代くらいにはなるか。