オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

オーストリアの庶民向けのお店について。

超庶民の私がお伝えする、
オーストリアの庶民向けのお店。

ウィーンに行ったことある人なら知っているであろう、
150年くらい営業してるカフェやら、
ザッハトルテのザッハーやら、
チョコレートのデメルなんかは、
あんなの観光客向けです。
オーストリア人滅多に行かない。行ったことない人もいるくらい。

庶民が通いつめるお店は基本、
食品→スーパー
雑貨→大型量販店
みたいな感じです。
(すごい人は内装も自分でやる。壁紙からバスルーム制作まで…w)

さて、オーストリアのスーパーは日本よりも店舗数が多く、基本的に安い。
コンビニがない。
(ガソリンスタンドに小型スーパーがあって、それがコンビニみたいな感じ。24時間は営業しない。)
この間旦那が挽肉1キロ買って4ユーロだったw
ジャガイモ2キロで3ユーロ?
毎回スーパーに行くと障害物競走みたいな目にあう。
ダンボールを担いで家まで帰るw
だって複数個買うと半額とかになるんだもん。
トイレットペーパーとかかさばってヤバイw
消費税は加工前の食品以外は20%だけど、内税表示だからあまり消費税めーという感覚がない。

服とか好きな人はたまに高級ブランド買ってるけど、普段着にならないからあまり用がない。
カバンも靴も汚れるから高級ブランドはあまり使わない。
実にシンプルな生活。
ゴテゴテ着飾ってると狙われるし、動きにくいからねー

そして、
究極の庶民の味方、100円ショップがオーストリアにも存在した!!
今まで、100円ショップと1ダラー($)ショップにはお世話になりましたが、
この間ついに1ユーロショップに行った!
その名も1ユーロプラス!
…え、プラス??
中に入ると日本の100均同様、食器とか掃除グッズとか色々ある。
値段にびっくり。
80%の商品が1.25ユーロ(O_o)
その他の商品2ユーロ越え…
えー1ユーロ1つもないじゃん!
プラスしかないじゃん!!
少しコンセプト変えた方がいいんじゃないのかな?
そんな気がした。
でもとりあえず安いので、引っ越したばかりの私たちにとってはありがたや。
バスマット9ユーロだけどねw

結果何を伝えたかったかと言うと、
オーストリアには素敵なスーパーたちと1ユーロ以外の物しか売ってない1ユーロショップがありますよーってことでした。

モッピーでお金が稼げたら、何かいいもの食べれそう…
…ラーメンが食べたい。
ウィーンまで行かないと食べれない…泣