Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

悩んだ一ヶ月半に別れを告げた週末。ヤフオクの鉄槌。

ヤフオクの話

ヤフオク

マジ出品を始めてからというもの、

「お取り置き」という響きのいいような調子のいいような言葉に悩まされること早1ヶ月半。

ヤフオクのルールにのっとって鉄槌を下したお話。

 

何をしたのか?

いたずら入札申告制度を利用してみたお話。

 

 

*いきさつ

ヤフオクの出品を本格的に始めた4月。

最初は全く落札者がいなかったものの、

商品説明の説明文を丁寧にしたり、

価格を下げてみたり、

評価が少ないから取りあえず落札を頑張ってみたり…

様々な試行錯誤の末、ようやく入札してくれる方々が現れてきた。

それが5月初旬のお話。

 

初めの落札者が現れると、

次々と一点ずつ落札してくれる落札者が現れてくれて、

出品者としてもちょこちょこっと評価が付き始めた。

 

その矢先の5月中旬、

2人の落札者から「取り置きをお願いしたい」と依頼を受けた。

ど初心者なので、通常どのくらい取り置きするかなんて検討もつかず、

「ま、2~3点落札したら連絡来るだろ」

なんて安易に考えて両方とも「いつでもどうぞ」と返信してしまった。

そもそもこれが間違いのもと。

 

1か月経過しても入札が止まる気配はなく、

両者とも10点近く落札してくれた。

ありがたいけど、入金予定もない落札…

とやや不安になってきた。

 

その不安の中、ある高額商品のいたずら入札が新規IDから行われた。

もちろん無連絡だったので、3日くらいで落札者都合で削除したけど、

お取り置きへの不安も高まり、

出品中の商品にお取り置き期日や落札者からの連絡を求める一文を設け始めた。

 

すると、1人からは「そろそろ精算したほうがいいですよね?」と連絡がきた。

この落札者は多分私の放置に逆に不安になったのかもしれない。

申し訳ないことをしたな…

(こちらの方は本当にいい落札者様で、その後も取引があります。)

無事精算も発送も完了して無事終了。

 

もう一人は、

私が出品し続ける度に入札を繰り返し、

一度2週間くらい新規出品を止めていたけど連絡はなし。

他の落札者の要望で新規出品を再開すると、再度入札の嵐…

でもこの時は新規出品期間の期限があったので、

期限以降に連絡を入れてみた。

もう精算してもいいですよね?と。

 

この連絡が3日間放置される。

 

もう超不安。

 

5月後半に落札された商品の落札システム利用料がかかる前の6月29日を期限に待ってみた。

なかなか来ないからもう削除しようかなー

と思っていたら、6月29日に連絡がくる。

(というか、期限30分前に連絡がきた。)

 

なんだ。

と思い、精算金額を伝えて取引の開始を待つ。

 

…開始してくれない!

 

7月になっても開始してくれない!

落札システム利用料かかったじゃん!

3点くらいだけど、162円だけだけど、

別に162円捨てたくて出品してるわけじゃないしさ。

激おこだよね。

 

7月2日よりオニ連絡を開始する。

気が向けば取引ナビとか連絡掲示板とか評価からガンガン連絡。

もう待てねぇ。

 

7月3日に落札者都合で削除するって言ったから、

宣言通りに削除した。

一部42日以上経ってる出品物があったから削除出来なかった。

そこでまたイラっ。

 

このままで終わるのはいかがなものだろうか。。

そう思ってしまった私は、

そうだ、

いたずら入札申告しよう。

と心に決めた。

 

 

*いたずら入札申告制度について詳しく

いたずらかどうか真意は不明だけど、

とにかく落札者と連絡が取れない!

そんな時に利用したい制度。

 

いたずら入札申告制度を利用するためには、

Ⅰ.出品者が、

①落札者に対し、落札から一定期間、複数回の連絡を行ったにもかかわらず落札者と連絡がとれなかったこと、または、

②落札者と一度は連絡が取れたが、その後再度連絡がとれなくなったこと

Ⅱ.複数回の連絡の一部に、連絡掲示板を使っていること

Ⅲ.申告前に、当該落札者の削除を行っていること

これが申告の大前提なので、

待つこと・連絡を入れることが大前提なよう。

 

Ⅰの一定期間とはどれくらいなのか?

Yahooによると、5日間らしい。

(私は今回3日待って連絡が来て、追加で3日待ったけど、継続して5日間の連絡なしでないとだめらしい。)

 

Ⅱ複数回の連絡ってどのくらいなのか?

憶測だけど、取引ナビ2回以上+連絡掲示板2回くらい+評価1回以上で複数になるかと。

コピペで同じ文章を別の場所から連絡すれば問題なし。

見ていない可能性をつぶす必要がある。

 

Ⅲ落札者削除しているのが前提。

そりゃそうか。削除してないとオークション継続してるものね。

 

申告に必要なのは、

該当オークションIDや落札者IDなど。

取引ナビのページを見ながら申告すると楽。

私のように複数オークションがある場合は、

経緯の詳細欄に記載する。

経緯の詳細は箇条書きでも文章書きでも大丈夫だと思うけど、

Yahooに審査してもらえるかどうかがかかっているので、

なるべく丁寧に、嘘は厳禁。

いつ・どこから・どれだけ連絡したけど連絡が来なかったかを記載する。

+いつ落札者を削除したか、も記載する。

 

申告フォームから送信して、あとはYahooからの返信を気長に待つ。

 

…と思ったら即効返信来た!

対応早い。

 

今回の私の事例では、

オプションも落札システム利用料もかかっていない

+

報復評価がないことから、

Yahooはなにも出来ない、とのお返事。

そうだよね。

ごめん、Yahoo。

あれ、でも42日以内で落札システム利用料かかってるオークションあったよ?

ま、いっか。

 

でも即調べてくれて、凄い丁寧な文章で、

申し訳ないけど、今回の事例で出来ることは何もありませんでした。

とメールくれるYahooに感謝!

感謝のメールは絶対返信した方がいい。

相手も人間だからね。

会社だけど、メールしてくれてる人は人間。

 

感謝のメールを返信。

 

で、繰上げ落札連絡とか再出品とかしてたら気付いた。

おや?該当者ID停止になってるよ…?

 

最初はざまぁみろ!

とか思っていたけど、色々な人の停止エピソードをインターネットで見ると、

普通の利用者の方が停止喰らって困ってる、

的な話を目にする。

(インターネットに書き込むくらいだから困ってないと書き込まないか。)

…あれ?なんか罪悪感。

 

なんだよ凄い後味悪い!

私何も悪いことしてないのに、

なにこの心境。

私悪者みたいな。

 

ヤフオクの出品はルールにのっとって行おう。

それしかない。

今回もルールにのっとったけど罪悪感の残る結果に。。

 

落札者の皆様、出品者のストレスも考えてね。

自分が出品者の立場なら、を考えてくださいね。

 

利益なんて月数百円~数千円しかないのに、

何このストレス!

 

という出品者の苦悩でした。