Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

ドイツ語圏で化粧品と言えば、のニベア様。今回はニベアの素晴らしさについて語る。

オーストリアでの生活も早半年。

(去年もちょっと生活してたけど、一時帰国したからカウントしない。)

 

日本から大量に担ぎ込んできた化粧品も底をつき始める。

どんだけ顔でかいんだよ、とかのツッコミは不要です。

化粧品は種類があるから、一種につき2~3個しか持ってこれない。

 

さて、私の生まれたての赤子レベルのドイツ語と、

旦那様の小学生以下のレベルの化粧品の知識で、

以前化粧水を買いに街へ繰り出しました。

 

ま、ドラッグストア行っただけだけど。

 

Tonerというのが通常英語で言う化粧水なのだけど、

ドイツ語と英語がいつもこんがらがっている旦那様にこの単語をぶちまけても通じず。

Face waterという言葉で探してみた。

 

後から知ることとなるのだけど、

Gesichtswasser

この言葉がそのまんまFace water で化粧水らしい。

 

WasserはWaterで水、というのは知っていたので、

Gesichtswasserという言葉が書いてある陳列棚へ。

 

旦那様に商品説明の訳を求めると、

顔を洗浄して保護する

と言う。

 

海外化粧品ハプニングでよくあるのが、

化粧水っぽいのに化粧落としだったり、ピーリングだったり、

よく見た目でだまされること。

 

なので、

顔を洗浄して保護する

=洗顔か??

と思い、

いや、単なるFace waterでいいんだ。

ここにないの?

と旦那様に聞く。

返ってきた答えは、

「水道から出る水をつけていろ」

 

(゜o゜)

 

手厳しい。

 

仕方が無いので、ニベアのピンク色したGesichtswasserなるものを購入。

これ↓

f:id:LilychanKU:20160706233048j:plain

 

使ってみると…

ち、超いいんですけど!

何だろう、この潤いつつさわやかな感じ!

使用後の肌が手に吸いついちゃうこの使用感!

香りもニベア様!

 

大正解。

ニベアGesichtswasser大正解。

もうちょっとで金もないのにロクシタンの化粧水に手を出しかけた。

ロクシタンのいいところ、全世界で同じものが買えること。)

 

価格は6ユーロ以下だった。

 

このピンク色の他にも、

水色やら緑色やら青緑色やら色々あった。

ドイツ語圏にいらしたときはお試しあれ。

 

 

最近は化粧落としも専らニベア青缶。

(もう化け物にはならない!)

 

ニベア青缶を添付後、なじませた後は、

コットンとかキッチンペーパーに水を含ませて拭き取りなんかより、

ハンカチ系の布に水を含ませて堅く絞ったやつで拭き取った方がよく落ちることを知る。

 

最近旦那様は化粧を落としている私のことを、

ホワイティーと呼ぶ。

顔が白いから。

 

 

次なるニベアシリーズは洗顔料!

洗顔料はWaschcremeと言うらしい。

これ↓

f:id:LilychanKU:20160706234100j:plain

多分こいつが定番みたいなので、定番から攻めようと思う。

 

 

こう見てみると、やはりニベア様、

ドイツ語圏の化粧品の王者です。

化粧品も売ってるし、

(BBクリームのみ)

ニベアなしの生活なんて…!

というのがドイツ語圏の日常なんだろうな。

 

 

こうやって日本向けに紹介しても、

日本人はブランドやら限定品やらが好きだから流行らないんだろうな。

 

私もブランド品好きだけど(';')

 

 

モッピーで小銭を貯めてニベア大人買いしよう!

お小遣いサイトはモッピー!貯めたポイントを現金やEdyやWebMoneyと交換できるよ♪ | モッピー

 

マクロミルで小銭を貯めてドイツかオーストリアに行こう!(スイスも可)

アンケートモニター募集中 - マクロミルモニタサイト

 

オーストリアのアンティークショップもよろしくお願いしますm(__)m

www.antikwerkstaette.at最近日本の販売委託先が出来たので、

日本向けオンラインショップが出来ました。

買って買って!!!