Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

オーストリアの苦。水が合わなくてとにかく頭が痒い話。

本当に。

ヨーロッパの水がマジで合わない今日この頃。

 

ロンドンに一週間、

イタリア北部弾丸の3日間、

ストックホルム10日間、

チューリッヒ5日間、

どれも一度も水に対して不快な思いをしたことなかったのに、

オーストリアの水に完敗中。

頭が痒くて仕方がない日々がかれこれ数か月にわたって続いています。

 

皮膚科にも行って、

私も医者も中途半端な専門英語で出た結果は、

「ストレスだね」。

 

病院行って一番納得いかない回答No1をいただく。

 

 

頭皮用の消毒兼かゆみ止めをもらって塗っても、

日本から持参したステロイド剤を塗っても、

かゆみ止めの内服薬を飲んでも、

まったくもって効かない。

頑固なヤツ。

 

痒すぎて思いのままにかきまくってたら、

頭皮がアトピー状になり、

フケが大変なことになってきた。

…もう黒い服が切れません泣

 

 

もう一回病院行くかなーとか、

日本の頭皮用のかゆみ止め買って送ってもらおうかなーとか、

湿疹頭皮用のシャンプー買うかなとか、

色々試行錯誤して、

Google先生に一度お伺いを立ててみた。

 

出た答えは、

「塩シャンプーと酢リンス」

え?頭皮サラダ化?

 

塩と酢を使って頭を洗うんだ!

という一見一番お手軽そうな頭皮改善作戦。

塩シャンプー(http://髪のケア.jp/sioshamp-tukurikata-1007

酢リンス(http://髪のケア.jp/surins-kouka-1020

詳細は上記のリンクを参照されるのが一番かと思いますが、

要するに、

塩をお湯で溶かして、頭皮を塩水でマッサージ→塩シャンプー

酢をお湯と混ぜて、頭皮と髪の毛を酢でマッサージ→酢リンス

という方法。

 

もちろん試してみることにした。

 

 

塩シャンプーと酢リンスは何ともお手軽に作れるし、実践できます。

 

塩シャンプーについて、

洗面器にお湯(熱湯じゃなくてシャワーの温度)をはって、

塩をスプーン1杯分混ぜて作る。

塩は粗塩か岩塩がおすすめ。

 

酢リンスについて、

洗面器にお湯をはって、

酢をスプーン1~2杯混ぜて作る。

酢は黒酢がおすすめ。

 

塩シャンプーで洗う前に、

髪の毛を念入りにブラッシングして大まかな汚れを落としておく。

その後シャワーで汚れを洗い流しておく。

 

で、塩シャンプー。

頭皮をマッサージするように3分くらい。

塩シャンプー後はよく洗い流すこと。

 

その後酢リンス。

頭皮も髪の毛も酢リンスをしっかり浴びせて、

3分くらい待って、

頭皮もマッサージして、

よく洗い流す。

 

これだけ。

 

 

週末2日間試したけど、

臭いはすごい。

サラダみたい。

 

粗塩も黒酢も手に入らないから、

岩塩とリンゴ酢で代用。

…ベタベタする。。

 

頭もそんなに一気には改善せず。

 

ベタベタするし、まだ痒い。

一週間くらいは様子見かなとは思う。

 

この酢の臭いのせいかどうかはわからないけど、

虫が(特にハエ)たくさんやってくる。

 

 

サラダシャンプーはちょっと忍耐が必要な感じです。

 

また週末くらいに報告ブログでも。

 

 

粗塩を買いたい!

小遣いはポイントサイトで!

①モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト 

 

マクロミル

アンケートモニター登録