オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

スマホから書くので読みやすさの保証なし。生理痛にその場でもいいから打ち勝て!の話。

今日はなんとなく生理痛の話。

スマホアプリで書くので読みにくいと思われます。

 

 

私は重度の生理痛の持ち主です\(^o^)/

生理初日か二日目くらいに、

良くて立てないくらいの腹痛か

悪くて眠れず一晩中吐き続ける腹痛

があります。

結構毎月痛みで死ぬかと思う。

 

筋腫は持ち合わせていなく、

内膜症は?未だわからず。

でもエコーチェックでは正常な子宮の持ち主です。

 

医者お決まりワードの、

ストレス

に加え、

冷え

この2つが原因なんじゃないのか?

という噂。

 

そんなこんなで冷え対策で布ナプキンを2カ月くらい使っている。

が、

かぶれの改善のみで、

生理痛の方は…

全然痛いんですけど。

 

 

夏なので、

冷房のないオーストリアでは特段冷え対策も出来ないので、

(くそ暑いからね!)

後は痛みが来たときの対策をする事になった。

 

 

生理痛が来そう…

そんな時に始めるといいらしい、

マグネシウムの摂取。

サプリメントだと吸収悪いから、

薬局で売ってる粉。

 

6グラムを1リットル程度の飲み物に入れて、

1日かけて飲む。

これを痛みが来る前から痛み中まで続ける。

(一気に飲むと下痢するよ〜)

 

マグネシウムは筋肉の緊張を和らげるらしい。

オーストリアの常識らしい…

知らなかった!

 

 

マグネシウムだけじゃ痛みは全てカバー出来ないので、

痛い時は痛み止めの薬!

 

オススメはイブプロフェンブスコパン

 

イブプロフェンは知ってたけど、

ブスコパン

なんだそれ?

と思ってた。

 

一度試したら…

 

ブスコパン凄い!

 

痛すぎてげろげろ吐いてたのに一瞬で痛みが消えた!

 

ブスコパンは特に筋肉の緊張に効果絶大らしい。

これのオーストリアの知人に教えてもらった。

 

オーストリアのみんなどんだけ化学大好きなんだ!

 

 

日本の知人と話していると、

ロキソニン最強とか、

強そうな何かで生理痛を消そうとしているけど、

痛み止めと痛みの相性があるので、

生理痛にロキソニンは多分お金の無駄のような気がする。

 

ロキソニンは解熱効果が高いような?

あと整形外科治療でよく使う気が。

 

ブスコパンを解熱に使うのはおすすめしないが、

生理痛には神的存在でした。

(でも多少の生理痛にはイブプロフェンで充分。)

 

マグネシウムも合わさると、

もしや最強タッグ?

 

 

 

私は医者でも薬剤師でもないので、

上記の内容を全部鵜呑みにしないでください。

 

生理痛がひどい時は、

生理が終わってから婦人科へ!