Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

やべ、久々すぎるブログ。落ち込みからの、帰国したい、からの、石鹸って怖いよね。という話題。

インターネットに踊らされる私の話

もう9月ですか。そうですか。

 

8月後半ダレ過ぎたのと、

真夏に編み物にのめりこみ過ぎたのと、

まぁ色々とで2週間強もブログを放置しました。

放置プレイ大好きです。

 

色々あったこの2週間。

 

布ナプキンの無力さを痛感したり、

(生理痛がやばい。ブスコパンも効かない!)

日本で飼ってた猫が死んじゃったり、

(まだ悲しすぎて詳細はかけない。泣いちゃう。日本に戻りたい!時間も戻したい!)

かぎ針での編み物を卒業したり。

(棒針楽や!)

 

 

色々ありました。

 

塩シャンプーの悲劇からもなんとか立ち直り、

頭皮もすっかり今まで通り。

 

ただし、洗髪は一週間に2~3回と制限付き。

頭洗う直前はギってます。

剛毛な私の毛がペタッとしています。

フランス人のペタッと感はこんな感じなのかもしれないね。

(私の中での風呂入らない国代表=フランス)

 

頭皮ガッサガサの悲劇も冷めやらぬ今日この頃、

石鹸つくりてぇ、

とか思い始めた。

何だろう、ナチュラリストになりたくなったのだろうか。

あんまり意味がわからないんだけど、

今更ロハスしたくなったのだろうか。

 

とにかく原材料がはっきりしている石鹸を作りたくなった。

あと洗剤。

 

洗うものたちの原材料は何なんだ!

全部ナチュラルな何かに変えてやる!

と意気込みました。

 

で、まずは石鹸ってどうやって作るのかなー

調べてみました。

 

kinarino.jp

色々な手作り石鹸サイトがあるけれど、

一番最初に出てきたのがこちらのまとめサイト

 

上記まとめサイトにも書いてありますが、

石鹸づくりに必要なもの。

①オリーブオイル等のオイル

(オリーブオイル100%だと固まりにくいらしいので2~3種類のオイル)

②精製水

(精製水じゃないとミネラル分が溶ける邪魔をするらしい)

③アロマオイルとかはちみつとか良さそうな何か

(お好みで)

④苛性ソーダ

(…???)

 

上記が基本の原料となるらしいのですが、

苛性ソーダとは何なんだ?

普通に売ってるの?

オーストリアで買えるの?

と思い調べると…

 

苛性ソーダ=水酸化ナトリウム

 

え、劇薬じゃないすか。

 

アルカリ性の代表選手、水酸化ナトリウム

扱い間違えたら即死だよね。

 

人間は弱酸性よりの造りなので、

逆のアルカリ性にはとても弱い。

弱アルカリで汚れを落とす、というメカニズムは納得いくのだけど、

(タンパク汚れをさっぱり落としてくれる。)

計算すると手作り石鹸には水酸化ナトリウム8%配合、という計算になる。

 

1g摂取しただけで死ねる、

骨もぐずぐずにしてしまう水酸化ナトリウム

 

過去にこんな事件もあったり。

matome.naver.jp

 

石鹸て怖い。

絶対作りたくない。

と思い、ナチュラライフ終了。

 

苛性ソーダなしの、重曹と米ぬかで作る石鹸というのはある。

見た目もなんかあれだし、

米ぬかなんてオーストリアで手に入らないからこれもあきらめる。

もういいや。

 

ナチュラルな生活って難しいぜ、と思った瞬間でした。

 

 

最近モッピーのやり口がよくわからない。

ポイントたまりにくくてしょうがない。

モッピー!お金がたまるポイントサイト 

 

マクロミル様様です。

アンケートモニター登録