オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

最近ブログに書きたかったこと ①東欧の人たち

最近ドイツ語の学校に通っているお話。

 

私の住んでいる街は、

オーストリアの南部なので

(ほぼ国境、いやオーストリア自体がほぼ国境の街だな。)

色々なヨーロッパの人が住んでいます。

国際色豊かというにはアレだけど、

ヨーロッパの色々な人がいます。

 

南部は特に、

イタリア(近いから)、スロベニア(近いから)、ボスニア(なぜだろう)などなど、

イタリア以外はなじみの薄いお国の方々がたくさんいます。

 

私の通っているドイツ語の学校には、イタリア人はいません。

どうやら、イタリア人は語学を勉強するという発想は薄いらしい。

知ってる言語と知ってるワードでごり押しするイメージ。

 

イコール、

謎の東欧人と絡みがあります。

 

また、

最近の中東のあれやこれやで、

ドキドキのアラブ人やトルコ人との絡みもあります。

 

カナダ在住の時に、

「あーマジでインターナショナル」

とか思ってた私に顔面パンチを食らわせてやりたい。

それくらい知らない人種がまだまだたくさんいました。

 

 

アラブの人たちやトルコの人たちはあまり絡まないので(英語が通じない人が結構いる)、

東欧の人たちのお話。

(女性限定、男の人は知らない。)

 

私の今までの東欧の人たちのイメージ=美人

だけでした。

 

これは間違いではなさそう。

美人っぽい人が多い。

というか、

イメージする白人の人たちがここにいる、

そんな感じです。

(北米に行くと結構な割合でがっかりする、ムチムチしすぎてて、想像と違うことが多数)

 

美人っぽいと書いたのは、

朝から化粧が非常にしっかりと塗られているので、

実際どうなのかがわかりかねる感がすごい。

 

また、とても面倒見がいい人が多い。

気配りとはまた別の話で、

子供の面倒とか友達のフォローとかすごいしてる。

 

あと、料理が得意か好きな人が多い。

すごい化粧濃いのに、殺傷能力の高そうな長い爪をお持ちなのに、

料理と裁縫が得意です。

という一瞬どっきりなのかと思うくらいの自己紹介がまたユニーク。

 

ここまでがいい面。

 

ここから私が書きたかったこと。

 

私がオーストリアで出会った東欧の人たちは、

スロベニアボスニアマケドニア

この3か国です。

昔、クロアチア、ロシア、ハンガリーチェコなんかと会ったりしたけど、

1人2人の世界だったので、特に何も思わなかった。

が、今は、

スロベニア5人、ボスニア5人、マケドニア1人、イラク2人、日本1人のクラスなので、

東欧がすごい。

団体になった東欧がヤバイ。

 

まず、東欧の人たちのノリがすごい。

なんというかやかましい。

声がでかい。

私はもうここで圧倒される。

 

次に、わかってなくてもわかった風な雰囲気を醸し出すのがうまい。

ドイツ語と英語で頑張って説明して、

ふーん

みたいな顔するのに、

数分後同じ質問をされる。

なんでだ?

 

そして、みなさんかなりの割合で英語が喋れる。

ドイツ語必要なのか?

これはいい面だった。

しまった。

 

余談、Rの発音がすごい。(びっくりする)

 

そして…

なんだろう、あの自信に満ち溢れた感じ。

たまに?態度がすごい横柄。

特にライバルを発見すると好戦的になる。

戦争反対!

 

 

私の中で東欧は怖い人たちとなりました。

中学のヤンキーみたいな感じ。

 

旦那様に話したら、

「あー、あの人たちはヨーロッパの中国みたいなもんだから。」

非常に納得。

Rの発音と好戦的なところ以外同じだ。

 

私的には中国は嫌いな国ではないので、

渡り合うための対中国人マナー的なものがある。

Yes Noを尋常じゃないくらいはっきり言って、

欲しい・やりたいものがあればゴリゴリ行くこと。

これくらいが東欧にも必要なのか?

今度試してみよう。

 

 

最近クリック+アンケート地獄に陥っているポイントサイトたち。

マクロミル

アンケートモニター登録 

②ECナビ

③Gポイント

Gポイント 

④すぐたま

すぐたま経由で買い物するとお得!楽天スーパーポイントとネットマイルが両方貯まる!すぐたま  

 

色々やってます。

そこそこ貯まってます。

携帯代くらいにはなるか。