オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

ニベア続編

やっぱりニベア最高

 

以前ニベアについて何度か熱く語りましたが、

 

lilychanku.hatenablog.com

 

 やっぱりニベア最高です。

もう病みつきです。

 

何故かと言うと、

今までニベアクレンジングではずっと面倒だから青缶使ってたんです。

こってりし過ぎているクリームが落としにくくて面倒だったんですが、

最近買いました、

ニベアのボディーミルク。

青いやつです。

これです。

f:id:LilychanKU:20170308013753p:plain

スキンミルク しっとり- NIVEAニベアのHPから頂いた写真です。)

このスキンミルクが優秀すぎるのです。

 

 

ニベア大国なのでサイズも大

 

この優秀すぎるニベアスキンミルク、

オーストリアでは日本にはないサイズがたくさん販売されています。

 

せっかくなので、

625mlポンプ式のスキンミルクを買いました。

ポンプ式って便利です。

 

で、この巨大ニベアスキンミルクで化粧を落とすのです!

 

 

ニベアスキンミルクでクレンジング

 

結論から言います。

ニベアスキンミルクはクレンジングとして優秀です!

 

クレンジングオイルと違うのは、

こすらない、洗わない、水使わない、です。

 

ポイントメイクから落とす

まずはニベアスキンミルクをコットンにのせてマスカラと口紅を落とします。

コットンにのせたニベアをマスカラ等になじませる感じで、

ちょっと置いてからなでるようにぬぐいます。

これで粗方落ちてます。

(ちなみにマスカラはメイビリンのウォータープルーフのやつです。2~3度塗りたくってます。)

 

体温で温める

次にニベアスキンミルクを手のひらに出して、

両手のひらでぬるくなるまであたためます。

これ重要。

 

あたためたニベアスキンミルクを顔に両手で包み込むようにのせていきます。

少し滑らせるくらいで、こすりません!

ニベアと化粧を融合させるように、

顔を包み込むように手でじわじわとなじませていきます。

 

柔らかい布かコットンか蒸しタオルでオフ

ニベアの白い色が見えなくなったら終わりです。

最後は洗わず、

布か何かでふき取ります。

 

私の家の設備が整っていないので、

柔らかい布に水を含ませ、固く絞ってから拭き取りに使用していますが、

化粧水に余裕があれば、コットンにたっぷりと化粧水を含ませたものか、

蒸しタオルが用意できれば蒸しタオルで、

ニベアと化粧をふき取っていきます。

 

布+水の場合は、

まず顔全体に布をかぶせて手で押さえるようにして拭きます。

こすりません。

目の周りや眉毛、小鼻の周りは軽く拭き取ります。

 

コットン、蒸しタオルの場合もほぼ同じように拭き取ります。

とにかくこすらないでオフすればいいのです。

 

気になる人はちょっと保湿して終わり

ニベアスキンミルクでのクレンジングする場合は、

無駄に油分を取らないので、特別な保湿はいらないのですが、

気になる時は化粧水+オイルかクリームで仕上げるといいかもしれません。

 

蒸しタオルの場合は油分を奪われてしまうので、

化粧水やクリームなどで仕上げた方がいいと思います。

 

 

肌がカサカサしなくなった

 

私はかなり乾燥に悩んでいたので、

ニベアスキンミルククレンジングを始めてから乾燥に悩まなくなりました。

それでもたまに肌の全てをリセットするためにオイルクレンジングしますけどね。

 

ニベアのクレンジング、おすすめです。

青缶はちょっとやりすぎでした。テヘ。

合わない人もいると思うので無理は禁物です!

とにかく肌をゴシゴシこすってはダメです!

クレンジングでこすりたかったら化粧しない方がマシですよー!

 

www.antikwerkstaette.at

本家のブログもよろしくお願いしますm(__)m

Remove all ads