オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

ドイツ語のまとめ⑤ 「動詞の位置と一般的な動詞の変化」

動詞も二回目です

動詞二回目のまとめですね。

ドイツ語の動詞はやや癖がありますが、

英語程色々な形に変わらないのでホッとしますね。

 

前回sein を覚えたので、

 

lilychanku.hatenablog.com

 

今回は普通の動詞について触れてみたいと思います。

 

案外一番重要な動詞の位置

ドイツ語では動詞の位置が、

文章を作るうえで一番重要になってきます。

 

英語では主語+動詞+補語とか目的語を主軸として、

動詞の前に副詞をつけたり、

助動詞が動詞の前に現れたり、

結構動詞の位置がバラッバラです。

 

 

でもドイツ語は違います。

助動詞を含まない現在形では動詞は必ず2番目に来ます。

 

と言うことはあれです。

主語は一番目に来なくてもいいんです。

 

主語が何だかわかるように動詞の形が変化します

要するに、

一番最初に来たり、

3番目だったり、

主語がごっちゃごちゃに動き回るのがドイツ語です。

 

何が?

 

とならない為なのか何なのかよくわかりませんが、

主語に合わせて動詞の形が変化します。

 

なので主語行方不明になっても、

2番目の動詞の形で見つけることが出来るのです。

 

動詞はこんな感じで形が変わります

ドイツ語の動詞は、

lernen(学ぶ)や kaufen(買う)のように~enで終わります。

 

この~enの形が原型です。

 

主語によって変わる例をlernen と kaufenで見ていくと…

 

ich lerne、 ich kaufe

du lernst、 du kaufst

er/ sie/ es lernt、 er/ sie/ es kauft

wir lernen、 wir kaufen

ihr lernt、 ihr kauft

sie/ Sie lernen、 sie/ Sie kaufen

 

こんな変化を見せます。

 

それぞれの特徴紹介(定動詞)

まず一人称のichですが、

語尾はeで終わります。

原型のnを切り落とせば完了です。

 

次に二人称のduですが、

原型のenを切り落として「st」を付けます。

 

三人称単数のer/ sie/ es は、

enを切り落として「t」を付けます。

 

一人称複数wir と三人称複数及び二人称単数のsie/ Sieは、

原型そのままです。

 

二人称複数のihr は、

ほとんどが三人称単数と同じ形になります。

 

…慣れれば楽です。

丸暗記しなくていいところが楽です。

 

無論例外もある

ドイツ語の動詞が全部上のようになればいいのですが、

もちろん例外がたくさんあります。

 

例外はまた今度触れるとして、

一般的な動詞の変化した形を定動詞と呼ぶそうです。

参考までに。

 

気楽にしゃべろうドイツ語

このようにルール的なものはあるのですが、

Ich lernen... とか言っちゃっても別に通じます。

 

文法的には間違っていても通じます。

 

だから恐れず喋ってみて大丈夫!

 

宣伝タイム

今日も頑張って本家ブログも更新しました。

こちらもどうぞよろしくお願いします。

antikwerkstaette.at