オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

ドイツ語のまとめ⑥ 「不規則変化の動詞を丸暗記」

 ドイツ語ブログを定着させるべく毎日更新頑張ってます

はてブロ、

これまでほぼ放置プレイだったのに、

ここにきて毎日更新しています。

 

このブログをどうやらドイツ語ブログにしたいっぽいです。

 

この目標もいつまで続くことやら。

 

謎ばかりですが、

今日も張り切ってドイツ語の復習いってみましょー

 

不規則な変化をする動詞

前回、

 

lilychanku.hatenablog.com

動詞の位置と規則変化の動詞を見ていきました。

無論ドイツ語の動詞なんてたくさん不規則に変化していきます。

 

というわけで、

今回は不規則変化の動詞を覚えられるだけ覚えてみます。

 

今すぐ覚えた方がいい不規則動詞2つ

では最初に絶対覚えた方がいい不規則動詞を2つご紹介します。

 

それは haben(英語のhave、持つ)と wissen(英語のknow、知っている)です。

 

habenは過去形(というか過去分詞だけどとりあえず過去形)で使うので、

これから嫌って程使います。

 

wissenは単によく使うので覚えといた方が良いです。

 

では早速…

 

*haben

ich habe

du hast

er/ sie/ es hat

wir haben

ihr habt

sie/ Sie haben

 

*wissen

ich weiß

du weißt

er/ sie/ es weiß

wir wissen

ihr wisst

sie/ Sie wissen

 

このように変化します。

 

やや規則動詞の変化と似た変化を遂げるので、

そんなに構えなくても大丈夫です。

 

er/ sie/ es hat とihr habt、

ich weiß とdu weißt とer/ sie/ es weiß、

ここだけ注意すれば大丈夫です。

 

じゃあ不規則変化の動詞

挙げればきりがないので、

基本的な動詞だけ紹介します。

 

とりあえず、

不規則変化の動詞で不規則に変化する主語は、

主に二人称単数のdu と三人称単数のer/ sie/ esです。

 

更にパターンが若干見られます。

それは主に母音のaeiouの変化です。

 

例えばessen(英語のeat、食べる)ですが、

ich esse

du isst

er/ sie/ es isst

wir essen

ihr esst

sie/ Sie essen

duとer/ sie/ es以外は規則動詞と同じ変化をしています。

 

続いてgeben(英語のgive、与える)は、

ich gebe

du gibst

er/ sie/ es gibt

と変化します。

 

このessenとgebenは最初の母音eがiに変わる不規則変化です。

 

その他、

aがä(アーウムラウトと呼びます)に変わるtragen(英語のcarry、運ぶ)は、

ich trage

du trägst

er/ sie/ es trägt

と変化します。

 

他にもたくさんあるので、

動詞を覚える時に不規則変化か規則変化なのかを調べて、

不規則変化ならその都度覚えていった方がいいかと思います。

 

ぶっちゃけ覚えてません

ぶっちゃけると私まだまだ全然動詞の変化なんて覚えきれてません。

 

前回も言った通り、

別にdu essenとか言っちゃっても通じちゃうから心配しなくても大丈夫です。

(すぐさま訂正されることでしょうが)

 

とりあえずボキャブラリーを増やして、

文法的な問題は後々修正していくという方が、

ドイツ語上達の近道の様です。

 

宣伝宣伝

こっちのブログでは英語頑張ってます。

Google翻訳の機能向上っぷりがヤバイ。

(頑張ってないじゃんw)

antikwerkstaette.at

どうぞ併せてよろしくお願いいたします。