オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

ドイツ語のまとめ⑪ 「形容詞の基礎」

名詞が面倒臭いのか、形容詞が面倒臭いのか

ドイツ語のまとめの形容詞編です。

 

凄く書くの嫌だったドイツ語の形容詞のお話、

ついにこの時が来たって感じです。

 

形容詞なんて単語覚えるだけだと思っていたのに、

また、

また、

名詞によって、

格によって、

形が変わっちゃうんですよ。

 

本当にドイツ語の名詞というものは最後まで悩ませてくれます。

 

ドイツ語の形容詞

ドイツ語の形容詞は、

基本的に英語や日本語と同じで、

名詞を修飾したり、補語になったりします。

 

この名詞を修飾する場合においてのみ形が変わります。

 

例えば、

rot (赤い)という形容詞について、

 

Das Auto ist rot. (その車は赤い。)

これは補語なのでrotのままです。

 

Das ist ein rotes Auto. それは赤い車です。)

これはAutoという名詞を修飾しているのでrotesに変わっています。

 

 

…もう名詞を修飾したくなくなります。

 

ドイツ語の形容詞は変化する

さて、

ドイツ語の形容詞は名詞を修飾する時に形を変えると言いましたが、

実際にどんな変化をするのか見ていきたいと思います。

 

大きく分けて2種類あります。

 

①定冠詞(der, die, das)の時

定冠詞が付くときは以下のように変化します。

 

*rot (赤い)を変化させていきます。

*前の数字は格番号です。

男性詞:その赤いスカート

①der rote Rock, ③dem roten Rock, ④den roten Rock

女性詞:その赤いズボン

①die rote Hose, ③der roten Hose, ④die rote Hose

中性詞:その赤いワンピース

①das rote Kleid, ③dem roten Kleid, ④das rote Kleid

複数形:その赤い靴

①die roten Schuhe, ③den roten Schuhe, ④die roten Schuhe

 

②不定冠詞(ein,eine,kein,keine etc...)の時

次に不定冠詞が付くときは以下のように変化します。

 

男性詞:(一つの)赤いスカート

①ein roter Rock, ③einem roten Rock, ④einen roten Rock

女性詞:(一つの)赤いズボン

①eine rote Hose, ③einer roten Hose, ④eine rote Hose

中性詞:(一つの)赤いワンピース

①ein rotes Kleid, ③einem roten Kleid, ④ein rotes Kleid

 

 

以上の2種類に加えて、

冠詞がない時の変化もあります。

 

男性詞:赤いスカート

①roter Rock, ③rotem Rock, ④roten Rock

女性詞:赤いズボン

①rote Hose, ③roter Hose, ④rote Hose

中性詞:赤いワンピース

①rotes Kleid, ③rotem Kleid, ④rotes Kleid

複数形:赤い靴

①rote Schuhe, ③roten Schuhe, ④rote Schuhe

 

これらの定冠詞がない時の形容詞の語尾が、

定冠詞(der, die, das)と同じ語尾なので楽ですね。

 

 

こんな自由自在に変化する形容詞、

これらを真剣に表で覚えるのは時間の無駄です。

 

大体eで終わるかenで終わるのでどっちかで言ってみて、

間違えたらその都度覚えた方が賢明です。

 

 

ドイツ語の名詞のハードルの高さ

今回の形容詞、

変化しまくりますが、

形容詞が変化しているというよりも、

名詞に合わせて形容詞が変化させられているという感じですね。

 

なので、

本当にドイツ語は名詞がややこしいのです。

 

ドイツ語の名詞をある程度覚えたら、

その次に形容詞の変化を身に着けるくらいの考えの方がいいかもしれません。

 

同時にやると頭爆発します。

 

 

宣伝の時間

今日もブログ2本、頑張りました。

もう1本のアンティークブログもよろしくお願いいたしますm(__)m

antikwerkstaette.at