オーストリアには海がない

オーストリア在住のオーストリアブログです。ドイツ語は喋れない。観光もそんなにしない。猫と旦那が居ればもうなんでもいい。

妊娠中のお話 中期編

安定期と呼ばれる中期のお話

妊娠5ヶ月くらいから安定期と呼ばれる妊娠中期になり、

この頃ちょうど日本に一時帰国しました。

 

日本に行く事を決めたのは妊娠発覚前だったので、

凄く運良く!安定期に!

ぶち当たった感じです。

 

やっぱり長時間フライトは身体が辛いので安定期がオススメです。

 

更に飛行機恐怖症の私としては、

余計な心配を増やしたくなかったので…

 

オーストリアからの直行便は無かったものの、

(ちょうどなくなっちゃった時期だったんです)

ミュンヘンから直行便が出てるので、

車で4時間、

エアバスで広々飛行機12時間、

羽田に着いて右往左往した小一時間、

合計17時間の旅でも体調を崩す事なく無事に辿り着きました。

 

(帰りのANA機は座席ぎゅうぎゅうだし、CA走りまくってるしで落ち着かないフライトでした…)

 

 

食欲が出て来たのに…

日本に着いたらやっぱり日本の食事食べたい!

という事で、

初日からラーメン、焼肉、おにぎりなどなど…食べまくります。

 

オーストリアでは妊婦の体重制限なんてありません。

食べたい物を食べたいだけ食べていいんです。

 

つわり?夏バテ?

から解放された私、

更に日本に戻って来た事で食欲がうなぎ登り。

食うわ食うわ…

 

ただし、

食事の制限は無くても、

胎児のために食べない方が良い物というのはありまして。

 

 

まずはもちろんアルコール。

ダメですね。

 

カフェインに関しては、

私は低血圧で頭痛が酷かったので、

むしろある程度採れと言われました。

1日一杯くらいコーヒーを飲んでました。

 

生肉生魚、

トキソプラズマ?かな?

何かに感染すると胎児にも影響を及ぼすという事で食べちゃダメでした。

そう、寿司NG。

何のための日本旅行なのか…

 

野菜や果物を洗わずに食べること、

トキソプラズマです。

オーガニックが逆に怖くなった妊娠期間でした。

 

その他熱処理されていないチーズとか、

生卵とか、

サラミやら生ハムやら…

なんだよ美味しいものばっかりじゃないか!

といった具合でNG食材がありました。

 

まぁ全部火を通せばいいんですけどね。

 

 

番外編としては、

ハイビスカスを筆頭としたハーブティーほとんど、亜麻仁油や種、バジル、パセリ…

流産の危険があるのでダメでした。

 

オーストリアは色々なハーブティーがあるのですが、

ほとんど全てのハーブティーにハイビスカスが混ざっているのです…

ルイボスティーしか飲めなかった記憶があります。

(つわりの時はルイボスティーの匂いもダメだったので水飲んでました。)

 

 

ともあれ、

日本の素敵な生食文化を全く味わう事なく、

B級グルメをひたすら堪能しました。

 

 

だんだんお腹が大きくなってくる

中期にもなるとお腹が大きくなってきます。

 

今までのぴちぴちパンツが入りません。

 

インターネットで、

そろそろ後期に向けて横向きで寝る習慣をつけましょう!

的な事を見て、

更にシムスの体位がおススメ!

的な話を聞き、

更に更に左側を下にして寝ないとダメ!

的な話を見つけたので、

中期から左向きで寝はじめました。

 

…あれ腰が痛い。

 

毎日シムスやら左側を下にして寝ていたので、

中期の終わり頃には左のお尻あたりがバッチリ坐骨神経痛になっていました。

 

くそ!またかインターネット!

踊らされた!

 

ここから坐骨神経痛との戦いが始まるのです。

 

インターネットの情報を鵜呑みにせず、

左側でも右側でも、

苦しくない姿勢で寝る事を強くおススメします。

坐骨神経痛はヤバイです。

痛いです。

お腹が大きくなるにつれて悪化します。

 

 

旅行も食事も楽しめた妊娠中期

ともあれ、

妊娠中期は旅行もお食事も色々楽しめました!

 

この期間に父母教室とか産院見学とか、

長丁場な事はある程度済ませておきました。

 

引っ越しもしたなぁ。

 

ストレスにならない程度にアクティブに、

身体も動かした方がいい妊娠中期だなぁと思いました。

 

 

次回は妊娠後期!

お腹が大きくて大変!

重い!